業種別開業ガイド

200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書

サービス業
英会話教室

経済産業省「特定サービス産業動態調査」によると、2003年度における外国語会話教室の年間売上高は1296億円(前年度比0.4%増)、受講生数は816万2206人(同6.5%増)。市場は拡大傾向にある。外国語会話教室の数は2003年度で3118カ所と前年に比し71カ所増加。参入障壁の低さから新規参入が後を絶たないが、受講生数の6.5%増に対し、売上高は0.4%増にとどまっており、企業間の価格競争が激しくなっている。

目次

1. 起業にあたって必要な手続き

  • 大学:文部科学大臣の許可を要する
  • 専修学校・各種学校:都道府県の許可を要する

上記に該当しない英会話教室を開業する場合、特に認可を必要としない。

2.起業にあたっての留意点

  • 新規で英会話教室を開業する場合、他校との明確な差別化ポイントをアピールしていかなければ、認知度で優る大手企業に対抗することは難しい。
  • 駅周辺、学校・オフィス街、住宅地などの立地によって、ターゲットや教室のコンセプトが大きく異なる。
  • 明確なコンセプトのもとで英会話教室を運営していくことが重要である。
  • 講師は外国人であればよいというわけではない。教師としての素質や、ビジネス系・会話系・旅行系などの専門分野に特化できるかどうかを見極める。
  • 現在の高齢者は、元気、リッチ、豊かがキーワードであり、幼児とともに英会話教室のターゲットとして非常に魅力的な存在である。高齢者層をターゲットとする場合、ふれあいを重視したコンセプトが考えられる。
  • 駅周辺で開業した場合のコンセプト例
    子供向け:ハイレベル英会話教室
     ・非常に高度なイメージ(学習内容、授業料とも)
     ・受験に有利(目的により日本人・外国人講師を選択)
     ・「本物の英語」が身につく など
    OL向け:能力別クラス選択可の英会話教室
     ・講師はすべて外国人 
     ・目的別の教室
     ・「ゆとり」のあるカリキュラム
     ・時間帯を選択できる など
    会社員向け:時間選択型英会話教室
     ・早朝クラス、深夜クラスの設置
     ・可能な限り「マンツーマン」型
     ・実践的プログラム など
  • オフィス街で開業した場合のコンセプト例
    法人向け:業界別専門英会話
     ・実務的な英会話を短期で修得できるプログラム
     ・講師派遣
     ・業界用語等専門分野対応
     ・柔軟な授業形態を組める(合宿形式、寮形式など) など
    会社員向け:時間選択型、短期集中型
     ・早朝、深夜等時間帯を選択できる
     ・目的に応じた授業内容等
  • 学校周辺で開業した場合のコンセプト例
    大学生:目的別の英会話(旅行用、就職用など)
     ・短期目的別など多種多様なカリキュラムを自由に選べる
     ・授業時間以外に誰でも利用できる日本語厳禁オープンスペースの設置
  • 住宅地で開業した場合のコンセプト例
    子供向け:楽しみながら英会話
     ・遊びを交えた日常生活の延長にある授業スタイル
     ・母子や家族で楽しめるイベントの開催

3.必要資金例

駅前ビル25坪の教室に生徒数100人の場合

●月商 1,350,000円

入学金 50,000 (10,000×5名=50,000円)
授業料 1,300,000 (授業料13,000円×100名=1,300,000円)

●経費 1,090,000

家賃 250,000 (25坪 10,000円/坪)
人件費 590,000 (基本給250,000円×2名+残業90,000円)
光熱費 50,000  
通信費 10,000  
備品 20,000 (コピー、FAXなどのリース代)
雑費 20,000  
宣伝費 150,000 (新聞チラシ等での募集広告)
合計 1,090,000  

●1カ月あたりの利益 260,000円(粗利率:19%)

* 売上計画やシミュレーション数値などにつきましては、出店状況によって異なります。また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月