業種別開業ガイド

200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書

サービス業
スポーツインストラクター
水泳、エアロビクス、スキー、スクーバダイビングなど、様々なスポーツを指導する能力を持つ職業人のことである。教える対象はスポーツの種類により異なるが、幼児から老人にまで幅広く指導をする。年齢層や体力レベルなどを考慮して適切な指導がる人、スポーツが好き、ある主のスポーツが得意である、人と接するのが好きな人が向いている。また仕事柄、「明るくて元気」なのが必須条件であり、ムードメーカーとして場を盛り上げるのがうまい人にも向く。

働く場所としてはスポーツクラブ、スイミングクラブ、フィットネスクラブなどで雇用形態は正社員、契約社員などもあるが、最近はフリーで活動する人も多くなっている。

近年、健康を重視する人々が増えていくと同時に、スポーツクラブ・ジムの開業ラッシュにもなっている。さらに公民館での健康プログラムも増えており、スポーツインストラクターの活躍の場は広がっている。

目次

1. 起業にあたって必要な手続き

スポーツの種類にもよるが、体(運動)を提供するので、生半可な知識で指導するより、各種目専門のインストラクターの資格を取るのが望ましい。
エアロビクスの場合なら運動能力のみならず、運動生理学、栄養学などの知識も必要になるので、JAFA・AFAAなどといった指定された協会の民間資格(エアロビックダンスエクササイズインストラクター)をとっておいた方が望ましい。

2. 起業にあたっての留意点・準備

1)営業上の留意点

自分の体力・魅力を提供する仕事の一つであるので、常に自分に磨きをかけなければならない。また、能力を高めるために各講習に通うなど、絶えず努力・体力向上もする必要がある。

2)経営上の留意点

全項目で述べた通り、体を提供する仕事になるので、インストラクター自身のケガ、またはレッスン中の客のケガなど様々な問題も出てくる。参加者のケガはインストラクター自身にも責任があるため、こういった事態に備え、各協会での「インストラクター賠償責任補償」があれば入っておきたい。

例) AFAA JAPAN インストラクター賠償責任補償

3. 必要資金例

・創業までの費用内訳

ここではフリーで独立開業時の経費例を紹介する。

(単位:千円)
各スポーツ必須道具類 100~1,000
能力向上費 -
諸経費 -

(単位:千円)
エアロビックダンスエクササイズインストラクターの例
資格取得費 300
能力向上費
(ワークショップ参加等)
100
諸経費 50
合計 450

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。

あわせて読みたい