J-Net21  >  起業をする  >  業種別開業ガイド  >  炭焼き師

サービス業
炭焼き師
過去、炭の用途は炭を熾す着火剤の役目であったが、近年炭効果の注目により、竹炭・備長炭などの名前でたくさんの炭グッズが売られ始める。

基本的に木の性質・伐採などの能力を必要とするため、土木系・造園業などの実経験と植物知識はある程度必要になる。

炭には実感・実感なしに関わらず様々な効果がある。着火剤にとどまらず、水分吸着・除湿、消臭効果、マイナスイオン効果など効果の幅は広い。

目次

1. 起業にあたって必要な手続き

開業にあたっての、必要な営業許可は不要である。だが、何よりも経験は重要になるため、まずは炭焼き師のアシスタントを勤めるなどに徹するほうが良い。

2. 起業にあたっての留意点・準備

1)営業形態

炭を焼く場所を確保し、仕入れと指導を主に担当する。

2)経営上の留意点

特殊な道具必要とし、揃えるのは時間がかかる。安いものを探すのであれば、根気よく探し回ることも必要。

3. 必要資金例

自宅を教室にする場合

(単位:千円)
物件取得・内装費 454
搬入費   73
什器類 1,574
宣伝・販売促進費 15

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
起業をするコンテンツ一覧
  • 事業計画や起業準備、開業まで『こんな時どうする?』に応えます

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階から、実際に起業・開業後も使える豊富な情報。

  • 起業・創業や第二創業を行う方に、必要となる経費の一部を補助する制度。

  • ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度。