業種別開業ガイド

200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書

サービス業
ピアノ教室
学校で教わりきれないピアノ演奏の技術を、学校とは違う場所にて少人数・マンツーマンで丁寧に指導を行うことを目的とする。よりピアノを真剣に学びたいというニーズから生まれた職種である。

クラシック音楽などは日常に定着しており、その中でもピアノは一定の層に常にニーズがあるため、急拡大はない代わりに大幅な縮小もなく、今後も必要とされる職種であろう。

受講生に音楽の良さを知ってもらうと同時に、技術向上を目指して欲しいと願うような人、また自身もピアノ演奏に向上心を持ち合わす人に向いている。

目次

1. 起業にあたって必要な手続き

開業にあたっての、必要な営業許可は不要である。個人事業主の開業届けを、税務署に提出するだけでよい。

2.起業にあたっての留意点・準備

  • ピアノ教室で指導を受ける人は、過去厳しいレッスンに参加していた人から、少しだけ弾ける人と様々である。その為、講師になる人の能力は豊富な知識と信頼できる技術が必要である。常に自身の能力も高めて行かなければ、力不足により生徒が離れていく可能性もあるので注意する。
  • 本気でピアノを学ぶ人によっては、講師の経歴も見逃せない点になる。音楽大学や演奏暦など、ただピアノができる出なく、教えられる立場側のいろんな面で気をつけるのも重要である。
  • ただ漠然とピアノを教えるのではなく、「私はこんなことを教えたい」「音楽を楽しんでもらう」など、確固たる信念があると、生徒がついていきやすくなることも年頭におく方が良い。

<立地条件>
教室に通うのが基本となるので、駅に近いなどこうつうがしっかりしたところに向いている。自宅を教室にする例も多く、または出張によるピアノ教室もある。

<宣伝>
教室自体、地域に密着した商売になるので、地域回覧板・掲示板、ポスティングなどが有効である。また、スクールなどの派遣講師などによっての生徒の口コミなども有効である。

3.必要資金例

ここでは自宅を教室にする場合の必要経費の例を示す。

(単位:千円)
物件取得・内装外装費 460
搬入費 173
ピアノ 11,574
宣伝・販売促進費  150

最終内容確認日2014年2月

あわせて読みたい