トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  ネイリスト

サービス業
ネイリスト
ネイリストとは、爪の美容と健康の専門家で、主な仕事はネイルケアやカラーリング、人工爪づくり、ネイルアートやフットケアを行う。

女性だけでなく、最近では男性もネイルに気を使う人が増え、ネイルサロンは都心や各地の繁華街を中心に増えてきている。

美容院やスパなど、女性に人気のリラクセーション施設にネイルサロンのコーナーを併設しているところもあり、活躍できる場は多く見込める。

目次

1. 起業にあたって必要な手続き

自らネイルサロンを開業するにあたり、必須の資格や行政の認可を受ける必要はない。民間資格としては、日本ネイリスト協会が主催する「ネイリスト技能検定試験」がある。毎年4月に全国の主要都市で実施され、1~3級まで設定されている。

一般的な手続きとして、個人事業の場合、個人事業の開廃業等届出書、所得税の棚卸資産の評価方法・減価償却資産償却方法の届出書、青色申告承認申請書等を納税地の所轄税務署へ提出。また、個人事業開始申告書は事業所所在地の都道府県税事務所へ。詳しくは、最寄りの管轄行政に問い合わせを。

2. 必要資金例

  • ネイリストとして独立するには、
       ・ 独学して独立する
       ・ スクールに通い、卒業後独立する
       ・ スクールに通って卒業後、サロンに就職し、ノウハウを学んでから独立する
    の3パターンが一般的で、特に多いのが3つ目の店舗勤務で修業を積む方法。

  • 独立後は店舗、もしくは自宅で開業するか、出張サービスという方法もある。
  • 最近では独学で開業する人も多く、経験が浅いために様々なトラブルを起こす例も少なくない。スクールでしっかり基礎を学び、信頼されるネイリストを目指すことが大切。
  • ネイルサロンの競争が激化しており、ユーザーの選択肢もますます増加しているのが現状。リピーターの多い業種なので、顧客へのサービスを徹底化し、リピーターを新規獲得・確保することが何よりもカギ。リピーターを増やして、早期安定化を狙いたい。
  • 顧客には、インターネット、携帯電話から情報収集する若者層も多いため、HPを立ち上げることが重要な宣伝戦略。DMやチラシのポスティングは、よほど枚数が多くないと効果が低いといわれているので、サロン検索のサイトに登録したり、地元コミュニティのためのフリーペーパーなどに広告を出すのがよい。
経営上の留意点
  • 流行り廃りの早いネイル業界なので、常に流行の色やデザインをチェックして、無駄な在庫を残さないよう注意する。
  • 効率の良いサイクルを心がけ、平日昼間の時間帯に割引サービスを実施するなど、比較的空いている時間に顧客を誘導する仕掛けをつくる。
  • スクール開設などで、毎月安定した収入を確保するのもひとつの方法。

2. 必要資金例

創業までの費用内訳(自宅開業する場合)目安

(単位:千円)
家賃  0
設備費(施術用机・椅子)  40
施術用備品  100
HP開設費(自分で制作した場合)  100
名刺、チラシ印刷費 50
290

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。