トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  ジュエリーデザイナー

サービス業
ジュエリーデザイナー
各種金属を彫金し、宝石をたくみに組み合わせ、様々なアクセサリーのデザイン・製作を手がける職種の事である。

過去のアクセサリーの使用用途は、主に女性のファッション小道具として身につけるものになっていた。現在は女性だけでなく男性でもファッションの小道具として身に付けられるようになってきている。またファッションだけでなく、お守り・魔除けなどにも利用されている。

ジュエリーには様々な種類があることは知られている。煌びやかな宝石を纏ったアクセサリー、シンプルに彫金を施しただけのアクセサリー、骨や木などでまとめられたアクセサリー等、現在の日本では外国製を含め、多数の種類が出回っている。

目次

1. 起業にあたって必要な手続き

ジュエリーデザイナーになるための資格は必要はないが、関連する資格を習得するために学校に行き、必要スキルと知識を身に付ける事は重要である。関連資格にはジュエリーコーディネーター、貴金属装身具技能士などがある。

2. 起業にあたっての留意点・準備

1)形態

ジュエリーデザイナーとしての仕事の形態は数種存在する。
  ・デザインを中心として活動。
  ・デザインから商品化・販売。
  ・商品企画から携わり、商品化、制作。

2)営業上の留意点

企業・小売店などかかわらず、ジュエリー製作において、独自性とセンスは不可欠なものとなる。また、絵が描けるだけでなく、販売力・素材選びなど総合的な力が身に付けていなければいけない。

3. 必要資金例

ここではデザインから制作までを行う場合の必要経費例を示す。

(単位:千円)
設備備品費 
内装設備費(LAN工事など) 100
コンピューターソフト一式  400
備品その他 100
什器 500
制作素材 400
開業費
市場調査研究費(書籍代) 100
その他  80
手元資金 200

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。