トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  シナリオライター(構成作家)

サービス業
シナリオライター(構成作家)
文章を書くのが得意な人や、文章で具体的なイメージが表現できる技術、また、イメージを表現するために物事に関心を持ち、見に行くというフットワークも兼ね備えている人に向いている。

映画や演劇、テレビ、ラジオ、ビデオ、ドラマなど多くの分野で脚本を書くのが主な仕事となるが、現在は原作本からのドラマの脚本を書くのも仕事として目立ち始める。

シナリオの書き方や豊富な表現方法など、自分の感性がとても重要。日ごろから色々な事に興味を持ち、自分の知識を増やしていく努力が必要。

絶対に無くならない仕事ではあるが、能力と実力が特にものをいう仕事なだけに、シナリオライターとしてだけで成功できるのはとても稀である。主に、テレビや映画の制作会社で様々な経験をつんでから、シナリオライターになる人の方が一般的。現在では始めからシナリオライターになる為に、特定のスクールに通ってその道に入る人も増えてきている。

目次

1. 起業にあたって必要な手続き

起業に当たって法的な許可は不要であるが、シナリオ制作には独特のテクニックなどを要するため、シナリオスクールや通信教育などで経験を積むのは必要になる。また修了すると、一通りの基礎を習得できていることの証明にもなる。また、著作権などの法律知識を持つことは、将来のトラブルやクレームを避けるために熟知しておいたほうが良い。

2. 必要資金例

1)形態

主に、各メディアに合わせた脚本を書く。ほとんどがフリーランスとして各テレビ局やラジオ局からの依頼を受けて制作する。企画の考案からリサーチ、ネタ探し、台本作りなどを多くのシナリオライター同士で分担し、一本の脚本を制作していく。中には一人ですべてする場合もある。

2)営業上の留意点

シナリオスクールや通信教育などで基本の経験を積むのは必要になるが、独自の感性を表現していくことが必要になる。

3)著作権に対する留意点

脚本は著作物として認められている。複製権や私的使用に関わる問題など、また引用などの制約事項にも注意しなければならない。

3. 必要資金例

最低紙とペンさえあればできる。近年パソコンを使ってのテキストエディタ、ワードなどを使っての制作作業が、主流になっていきている。
ここでは、独立して自宅を利用して一人で行うときの資金例を示す。

(単位:千円)
項目 初期投資額
設備備品費 内装設備費(LAN工事など) 100
コンピューターソフト一式  400
研究費・その他 100
総計 600

4. ビジネスプラン策定例(モデル収支例)

損益計算のシミュレーション
(単位:千円)
  年間増加率 変動費率 初年度 2年度 3年度 4年度 5年度
売上高 8.00%   2,200 2,376 2,566 2,771 2,933
諸経費計   365 372 372 362 369
  事務用品費   60 60 60 60 60
  販売促進費 50 50 50 50 50
  通信費   5.00% 125 131 130 120 126
  消耗品費   50 50 50 50 50
  その他経費   1.00% 80 81 82 82 83
営業利益     1,835 2,004 2,194 2,409 2,624

※ 必要資金、売上計画、シミュレーションの数値などにつきましては出店状況によって異なります。また、売上や利益を保証するものではないことをあら かじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。