J-Net21  >  起業をする  >  業種別開業ガイド  >  イラストレーター

サービス業
イラストレーター
様々な道具を使用して、風景や雑誌の挿絵などのイラストを作成する職業の人のことを言う。

現在は手による作成以外にも、パソコンの普及による絵画ソフトの使用など、絵を描く領域は広くなっている。

描くことが何よりも大好きだという人、チャレンジ精神が旺盛だという人に向いている。

目次

1. 起業にあたって必要な手続き

イラストレーターをするにあたり、必要な手続きは不要で、すぐになれる。だが絵が描けることで即仕事が来るとはいえないのが現状である。 イラストレーターとして活躍するまでには、デザイン会社やDTP会社などで経験を積む・有名イラストレーターの下で経験を積むといった方法がある。少なくとも、イラストレーターになるまでに描画の力を付けておきたい。

2. 起業にあたっての留意点・準備

フリーで仕事をするのは簡単であるが、なかなか仕事が入ってこないのが現状である。その為に新聞社などの広告作品募集やコンクールなどで、実力・実践をつみ、日々、能力の向上も目指さなければいけない。デザイン会社やDTP会社などでの人脈が大きく生きてくる仕事である。

3. 必要資金例

(単位:千円)
設備備品費 
内装設備費(LAN工事など) 100
コンピューターソフト一式 400
備品その他 100
開業費
画材一式  80
市場調査研究費(書籍代) 50
印刷DMなど販促費 20

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
起業をするコンテンツ一覧
  • 事業計画や起業準備、開業まで『こんな時どうする?』に応えます

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階から、実際に起業・開業後も使える豊富な情報。

  • 起業・創業や第二創業を行う方に、必要となる経費の一部を補助する制度。

  • ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度。