トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  DPEショップ

小売業
DPEショップ
DPEショップは、店頭などで顧客自らが操作し、現像・焼き付けができるミニラボ機の普及によって、従来の写真店のみならず他業種からの新規参入が相次いだ。現在では25万店以上存在するといわれており、価格競争が激化している。

デジタルカメラやカメラ付き携帯電話、パソコン、カラープリンターなどの普及により、1世帯当たりの現像焼付代支出額およびフィルム支出額はここ数年減少が続いている。一方で、デジタルプリントの需要は拡大傾向にあるため、DPEショップにおいてもデジタル化への対応が求められる。

DPEショップの成功ポイントは、「スピード」「品質」「料金」の3点である。最近は料金の安さだけでユーザーにアピールするのは困難な状況であり、一頃の低料金、スピード競争が一段落する一方、サービスメニューを広げる動きが目立っており、今後は写真の楽しみ方をいかにユーザーに提案するかが課題といえる。

目次

1.起業にあたって必要な手続き

DPEショップを開業するにあたって、とくに必要な資格や手続きはない。一般の開業手続きとして、個人であれば税務署への開業手続き等、法人であれば、必要に応じて、健康保険・厚生年金関連は社会保険事務所、雇用保険関連は公共職業安定所、労災保険関連は労働基準監督署、税金に関するものは所轄税務署や税務事務所にて手続きをする。

2.起業にあたっての留意点・準備

1)営業形態

DPEショップの営業形態は、おおむね次の3つに分類される。
 ・取次店  ......顧客と現像所のあいだの取り次ぎのみを行なう店
 ・ミニラボ店......カラー写真の現像・焼き付け、デジタルカメラのプリントを自動処理するミニラボシステムを導入して、自店で現像・焼き付け を行なう店
 ・専門ラボ店......専門の現像所で、取次店から集配されたものを現像する店

2)立地条件

DPEショップの経営は、立地条件に大きく左右される。人が集まりやすい住宅密集地付近の駅前商店街や、駅構内・スーパー内への出店が多く見られる。 また、都心部では、オフィスコンビニとの複合店舗も増えてきている。

3)デジタル化への対応

デジタル画像をプリントしたいという消費者のニーズに応じて、デジタルミニラボを設置し、画像の出力サービスを行なうDPEショップが急速に増えている。画像を家庭のプリンターで印刷するだけの消費者も多いため、デジタルミニラボの品質の高さを知ってもらうために半額キャンペーンを行なって需要の掘り起こしを図ったり、デジタルカメラで撮影した画像データをインターネット経由で受け付けてプリントしたものを宅配するなど、利用拡大に向けて各店がさまざまな施策を講じている。

3. 必要資金例

商店街に10坪のDPEショップを開業する場合の必要資金例

(単位:千円)
項目 初期投資額
設備工事費・
什器備品費等
内装工事費 3,500
備品・その他 2,500
小計 6,000
開業費 販売促進費 200
開業前人件費 170
その他 500
小計 870
総計 6,870

4.ビジネスプラン策定例

1) 売上計画例

  客数/月 客単価 月商 年商 構成比
DPE売上 940 1,200 1,128,000 13,536,000 52.1%
カメラ・用品売上 20 15,000 300,000 3,600,000 13.9%
フィルム売上 670 1,100 737,000 8,844,000 34.0%
総計 2,165,000 25,980,000 100.0%

2)損益計算のシミュレーション

(単位:千円)
  年増加率 変動費率 初年度 2年度 3年度 4年度 5年度
売上高 1.0%   25,980 26,240 26,502 26,767 27,035
直接材料費   28.0% 7,274 7,347 7,421 7,495 7,570
諸経費 合計     18,429 17,922 18,088 18,256 18,425
  人件費     10,272 10,399 10,527 10,657 10,788
    正社員給与 1.5% - 4,800 4,872 4,945 5,019 5,095
  正社員賞与 1.5% - 800 812 824 837 849
  福利厚生費 0.5% - 672 675 679 682 686
  アルバイト給与 1.0% - 3,811 3,849 3,887 3,926 3,965
  アルバイト交通費 0.5% - 190 191 192 193 194
  水道光熱費   3.0% 779 787 795 803 811
  販売促進費   0.8% 208 210 212 214 692
  消耗品費   1.5% 390 394 398 402 216
  機器リース料   - 2,400 2,400 2,400 2,400 2,400
  減価償却費   - 1,371 1,371 1,371 1,371 1,371
  初期投資一括計上分   - 670 - - - -
  その他経費   9.0% 2,338 2,362 2,385 2,409 2,433
営業利益     277 970 994 1,017 1,040
営業利益率     1.1% 3.7% 3.6% 3.8% 3.8%

※ 売上計画やシミュレーション数値などにつきましては、出店状況によって異なります。また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。