業種別開業ガイド

200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書

小売業
古本屋
業界動向
全国古書籍商業協同組合連合会に加盟している古書店は3000店と言われている。消費者の本に対するリサイクル意識の高まりや、古本は低価格で入手できることから古本の利用がすすんでいる。大手によるチェーン店化や、インターネットを使って便利に取り寄せられることからオンライン店舗も利用されている。

開業がしやすい
自己資金が比較的少なくてよいことから開業が容易である。
開業にあたって仕入などの十分な商品知識や、特色を出すための専門分野が必要である。

目次

1.起業にあたって必要な手続き

古本店を開業するにあたり、古物商の許可が必要である。

<許可申請先と許可>
 ・開業する住所を管轄する都道府県の警察署防犯課、または生活安全課に申請して、許可を得る。
 ・開業が複数の都道府県にまたがる場合はそれぞれの警察署に申請して、許可を得る。
 ・営業所の実地検査を経て、標識(許可プレート)と古物台帳を購入して警察署に届け、その後許可証が交付される。

<申請に必要な書類>
 ・許可申請書(正副2通)
 ・経歴書
 ・誓約書
 ・住民票の写し
 ・身分証明書
 ・登記事項証明書
 ・手数料
*法人の場合は下記の書類も必要
 ・定款の写し
 ・登記簿謄本

一般の開業手続きとして、個人であれば税務署への開業手続き等、法人であれば、必要に応じて、健康保険・厚生年金関連は社会保険事務所、雇用保険関連は公共職業安定所、労災保険関連は労働基準監督署、税金に関するものは所轄税務署や税務事務所にて手続きをする。

2.起業にあたっての留意点・準備

商品販売
販売方法には店頭販売、見切り品などの古本市での販売、カタログによる固定客向け通信販売がある。チェーン店での販売価格は5割を基本としており、回転率の低い商品は100円均一などに値下げして売り切っている
商品仕入
仕入方法には、店頭仕入、古本市での仕入、宅買いによる仕入がある。店頭仕入は引越しなどで不要になった古本の処分などが主で、古本市では業者間で仕入取引を行なう。宅買いは蔵書家が一括して処分する場合である。売れる商品を識別して、適切な価格で仕入れることが必要である。売上高総利益率は50~60%程度である。なお、販売と仕入は基本的に現金決済である。
店舗イメージ
従来の古い店舗イメージではなく、モダンで広く明るい、コンビニのように買いやすいチェーン店のイメージが好まれている。

3. 必要資金例

大手古本チェーン店、BOOK・OFFの例(同社ホームページをもとに作成)
都市型モデル
売り場面積 50坪
営業時間  10:00~24:00
駐車場あり 1台以上

(単位:千円)
項 目 資金額
内外装 6,000
什器 9,000
備品・消耗品費 3,100
その他設備 500
商品代 17,300
本研磨機(1台) 1,600
CD研磨機(2台) 400
広告宣伝費 1,500
加盟料 2,000
開店指導料 3,000
合計 44,400

4.ビジネスプラン策定例

●大手古本チェーン店、BOOK・OFFの例 (ホームページより編集)

●月間モデルキャッシュフロー損益

(単位:千円)
売上 6,500
仕入 1,625
経費 人件費 1,565
家賃 1,000
水道・光熱費 175
通信費 50
広告宣伝費 195
消耗品費・その他 200
経営管理システム使用料 55
ロイヤリティ 260
経費合計 3,500
利益 1,375

●初期投資回収期間 3年 (物件取得費除く)

※ 売上計画やシミュレーション数値などにつきましては、出店状況によって異なります。また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月

あわせて読みたい