トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  自然食料品店

小売業
自然食料品店
生活の充足が進むなかで、食の「安全・安心」に対する関心が高まっている。とくに自然食品産業は長寿・健康に直接に関連するだけに、中高年齢層に潜在的な拡がりを見せつつある。

自然食品店の取扱商品は多様化している。有機農産物およびその加工品が主だが、自然飼料などで育成した肉や魚、調味料や菓子類、エコ雑貨、化粧品、料理読本などの販売活動も行なわれている。それだけに、品揃えの仕方によっては独自の営業活動が表現でき得る特長をもっている。

目次

1.起業にあたって必要な手続き

一般的な自然食品の販売活動であれば、開業にあたっての許認可は必要としない。一般の開業手続きとして、個人であれば税務署への開業手続き等、法人であれば、必要に応じて、健康保険・厚生年金関連は社会保険事務所、雇用保険関連は公共職業安定所、労災保険関連は労働基準監督署、税金に関するものは所轄税務署や税務事務所にて手続きをする。

ただし、酒類の販売、食品の製造販売などを行なう場合には別途、届出が必要となる。また、いわゆる健康食品を販売するさいには、営業を行なう都道府県の担当部署(薬務課)に相談をするのがよい。

2.起業にあたっての留意点・準備

  • 有機農産物などについてはJAS法による表示義務が課せられている。自然食品店においても、これに関する知識や信用ある仕入取引業者との提携が不可欠であり、適正な商品を適正な商品管理状態で取り扱うことが要求されている。
  • 出店先となる立地の主たる歩行客、混雑の時間帯、駐車駐輪設備の状況、競合業種や競合業態、隣接店の活動状況などは経営者自らが出向いて把握しておく必要がある。また、出店する店舗のハザード、間口と奥行きのバランス、店舗の向き、床や天井の状態、耐震構造、電源や給排水設備の状況、在庫商品の格納設備などについてもチェックする必要がある。
  • 最低の必要売上高を知っておくとよい。概算は、[家庭の必要生活費+雇用人件費+販売促進費+家賃+その他の営業費+(借入金月返済額÷(1-0.4))]÷[(予測粗利益率-目標営業利益率)]で計算できる。
  • 自然食品の需要は季節や天候、産地の生産状況、食生活の趣向変化などによって大きく変化する。したがって売れ筋商品や商品の構成、アレンジ方法を把握するには、一定期間の営業データを集計する必要がある。取扱商品の変化によっては、店舗の陳列や配置、装飾の仕方やPOP演出の方法なども変わってくるため、当面は簡略設備でスタートさせ、状況をみて、設備修正をしていく方が好適といえる。
  • 開業時期における商品構成の戦略的な運用は重要である。そのためには仕入先や同業店の状況から売れ筋商品を把握して、販売活動を行なうことが大切である。無料相談先としては、NPO日本マーチャンダイザー協会やVC・FC協会などがある。

3. 必要資金例

一般の近隣最寄商店街に、10坪程度の自然食品店を創業する場合の必要資金例

(単位:千円)
項  目 初期投資額
物件取得費 保証金(賃借料10カ月分) 1,000
仲介料(賃貸料2カ月分) 100
小 計 1,100
設備工事費・什器備品費 内装工事費 3,000
電気・給排水設備費 500
空調設備費 400
外装工事看板等 800
什器・備品費、その他 2,200
小 計 6,900
開業費 市場調査費 200
印刷・DM等販促費 350
社員・アルバイト募集費 100
開業前人件費・賃借料他 700
商品仕入対策費 1,200
組合加入費・年会費等 80
小 計 2,630
合  計 10,630

4.ビジネスプラン策定例

●初年度売上計画例(客席30席)

(単位:客単価は円:日商年商は千円)
  客数/日 (人) 客単価 日商 営業日数(日) 年商
平日 80 1,600 128.0 250 32,000
土曜日 75 1,700 127.5 50 6,375
日曜日 75 1,750 131.3 50 6,565
合 計       350 44,940

●モデル収支

(単位:千円)
  初年度 2年度 3年度 4年度 5年度
売上高 44,760 46,550 48,410 50,350 52,360
売上原価 33,570 34,910 36,300 37,760 39,270
売上総利益 11,190 11,640 12,110 12,590 13,090
諸経費計 11,251 11,412 11,582 11,173 11,339
  人件費 6,300 6,420 6,550 6,680 6,800
  地代家賃 1,320 1,320 1,320 1,400 1,400
  水道光熱費 290 293 296 300 303
  販売促進費 360 375 390 405 421
  通信費 36 37 38 39 40
  消耗品費 360 364 368 372 376
  車両運搬費等 360 370 380 390 405
  減価償却費 1,506 1,506 1,506 846 846
  その他経費 720 727 734 741 748
営業利益 -61 228 528 1,417 1,751

売上計画やシミュレーション数値などにつきましては、出店状況によって異なります。また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。