トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  ブティック

小売業
ブティック
最近のブティックは、ファッション性重視、OL対象のカジュアル製品をおく、肥満系をターゲットにするなど、より専門化する傾向にある。こうしたニッチを狙うため、まずは狙いのコンセプト作りから始める。これからの少子化・高齢化を視野に入れることも必要である。商品の回転率は比較的低いため、これに耐えられる運転資金の準備や、低迷しているかに見える陳列にも工夫を重ねるなどの努力が必要である。

ターゲットやコンセプトによって、立地、店舗規模、品揃えが変わる。ファッション性を重視するのであれば大型商業集積の側に立地し、その集客力を利用することも考えられる。ニッチを狙うのであれば、他のジャンルの品物を入れたくなるのを抑えて粘り強く当初のコンセプトなり、狙いを外さないように成長期に持っていく努力が要求される。

目次

1.起業にあたって必要な手続き

起業にあたって必要な許認可はない。所轄税務署に開業届(個人法人とも1部)をだすなど、一般的な手続きをとる。

商店街で開業する場合は、商店街振興組合などから加盟の要請がある。商店街で行なうイベントに参加したり、ポイントカード制度を利用して、固定客を確保したり種々の利便を利用して集客力を強化できるため、加盟することが望ましい。

2.起業にあたっての留意点・準備

営業形態としては、卸問屋を中心とした独立型の店舗が多いが、フランチャイズ形式の店舗も見受けられる。
  独立型営業 商店街などに立地する、周辺の主婦層を顧客とするタイプの店舗で、顧客の志向をより掴んだ店舗展開ができる点で、地域のコミュニティービジネスといえるものである。問屋からは、ファッション情報を取り入れ、周辺の顧客である主婦層との会話の中から購買動機を引き出せる等、事業のやりがいにも繋がる利点がある。
  FC型営業 商店街や大型商業集積に入り、その周辺で専門性を生かしたニッチな市場をターゲットにした営業形態である。独立型よりはフランチャイザーからの最新情報を入手することにより、ファッション性の高い品を顧客に提供する。

大型スーパーやディスカウントストアーとの価格競争に巻き込まれると事業として成り立たなくなる恐れがあるため、これら業態の動きには注意が 必要である。大店舗は組織が大きいだけに動きはそれほど早くない。独立店としては問屋筋からの情報を早期に把握し、大型店が取り扱う前に売ってしまうなど戦略が必要である。

ブティックのような業種は、顧客が店舗のムードで購買動機を刺激されたり、店員の最先端の情報の提供を受け、自分だけが先に入手できる場合に購入するケースが多い。そのため、問屋情報を入手することと、店員教育は非常に大切である。

仕入れに対する支払条件の交渉は慎重に行なう。支払サイトを長期にする、現金比率を下げる、在庫投資を少なくするなどを十分に検討・交渉する。

3.必要資金例

商店街の間口2間、奥行3間、6坪のブティックの必要資金例
(単位:千円)
項  目 初期投資額
物件取得費 保証金(賃借料10カ月分) 1,800
仲介量(賃貸料1カ月分) 180
小 計 1,980
仕入費 小 計 4,000
設備工事費・什器備品費 内装工事費 2,000
棚、陳列台費 500
空調設備費 500
看板 2,050
小 計 5,050
開業費
市場調査 500
印刷・DM・等販促費 200
社員アルバイト募集費 200
開業前人件費 500
開業前賃貸料 180
開業前水道光熱費 100
小 計 1,680
合  計 12,710

制度融資を利用する
・ 開業する場合には、都道府県の制度融資等を利用することができる。融資限度額は300~500万円が多く、金利率は2~3%で、金融機関からの融資よりは有利な融資を受けることができる。詳細な事業計画書を準備して、都道府県等の融資相談窓口に相談するとよい。

4.ビジネスプラン策定例(商店街で近隣の主婦層の女性顧客に焦点を合わす)

●初年度売上計画例
(単位:千円)
  客数/日 客単価 日商 営業日数 年商
通勤OL・学生 20 5 100 360 36,000

●モデル収支
(単位:千円)
  年間増加率 変動費比率 初年度 2年度 3年度 4年度 5年度
売上高 3.0%   36,000 37,070 38,192 39,338 40,518
仕入原価   30.0% 10,800 11,121 11,457 11,801 12,155
売上総利益     25,200 25,949 26,735 27,537 28,363
諸経費計     22,500 22,976 23,471 23,978 24,503
  人件費     12,000 12,360 12,730 13,112 13,506
  地代家賃 1.0%   2,160 2,181 2,203 2,225 2,248
  水道光熱費   2.0% 720 741 764 787 811
  販売促進費   2.0% 720 741 764 787 811
  通信費   1.0% 360 371 382 393 405
  消耗品費   2.0% 720 741 764 787 811
  衛生費   2.0% 720 741 764 787 811
  減価償却費     100 100 100 100 100
  その他経費 在庫投資を含む   5,000 5,000 5,000 5,000 5,000
営業利益     2,700 2,973 3,264 3,559 3,860

●初期投資回収    4年度

売上計画やシミュレーション数値などにつきましては、出店状況によって異なります。また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。