トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  古着屋

小売業
古着屋
古着はファッション意識の高い若者を中心に需要が底堅い。また、最近では低価格を武器にした大型量販店の出店や、中古品購入への抵抗が薄れたことなどを背景に、幅広い年齢層からの支持も集めている。

古着屋と一口にいっても、その形態は様々であり、取り扱い商品をとってみても、ベビー・子供服、DC&インポートブランド、ジーンズなどヴィンテージもの、70年代の輸入古着、フォーマルウェア、和服など多種多様となっている。

販売形態には、店頭で中古衣料や雑貨などを販売する「専門店」、一定割合の新品商品売場面積をもつ「新品商品併売店」、個人が古着販売を委託したり、個人から買い取って販売する「買取小売店」などがある。1グラム単位の"量り売り"のようなユニークな販売方法を打ち出しているショップもある。

目次

1.起業にあたって必要な手続き

●所轄の警察署の公安委員会に古物営業法により許可申請をする必要がある。

●所轄税務署に開業届(個人法人とも1部)をだすなど、一般的な手続きも行なう。

2.起業にあたっての留意点・準備

どのような顧客層をターゲットとするのかによって、商品構成、立地条件、店舗設計などが異なってくるため、自店のコンセプトを明確にしておく必要がある。

追加生産が可能な新品衣料品と異なり、古着は新たに作り出すことができないことから、安定した古着の供給ルートを確立するのがポイントである。
仕入れには、店舗先での買取り、国内古着を専門の業者から仕入れる、海外業者から直接または卸売業者から仕入れるなどの方法がある。2002年には「日本古着小売業協同組合」が設立され、古着の共同購入などを行なう供給ルートの確立につとめている。

古着の魅力のひとつは、デザインなどがユニークであることや1点物であることがあげられる。一般に古着のコーディネートは難しいと考えられているため、顧客にコーディネートを提案できるスタッフのセンスも必要とされる。

古着を取り扱うにあたっては、クリーニングや修繕、消毒など新品にはない手間やコストがかかる場合もあるので注意が必要である。

3.必要資金例

商店街、面積6坪
(単位:千円)
項  目 初期投資額
物件取得費 保証金(賃借料10カ月分) 1,800
仲介量(賃貸料1カ月分) 180
小 計 1,980
仕入費 小 計 2,000
設備工事費・什器備品費 内装工事費 2,000
棚、陳列台費 2,000
空調設備費 500
看板 500
小 計 5,000
開業費
市場調査 500
印刷・DM・等販促費 200
社員アルバイト募集費 200
開業前人件費 500
開業前賃貸料 180
開業前水道光熱費 100
小 計 1,680
合  計 10,660

制度融資を利用する
・ 開業する場合には、都道府県の制度融資等を利用することができる。融資限度額は300~500万円が多く、金利率は2~3%で、金融機関からの融資よりは有利な融資を受けることができる。詳細な事業計画書を準備して、都道府県等の融資相談窓口に相談するとよい。

4.ビジネスプラン策定例

●初年度売上計画例
(単位:千円)
  客数/日 客単価 日商 営業日数 年商
通勤OL・学生 20 3 60 360 21,600

●モデル収支
(単位:千円)
  年間増加率 変動費比率 初年度 2年度 3年度 4年度 5年度
売上高 3.0%   21,600 22,248 22,915 23,602 24,310
仕入原価   20.0% 4,320 4,448 4,583 4,720 4,862
売上総利益     17,280 17,800 18,332 18,882 19,448
諸経費計     15,192 15,537 15,887 16,270 16,648
  人件費     9,000 9,270 9,535 9,834 10,126
  地代家賃 1.0%   2,160 2,181 2,203 2,225 2,248
  水道光熱費   2.0% 432 444 458 472 486
  販売促進費   2.0% 432 444 458 472 486
  通信費   1.0% 204 210 217 223 230
  消耗品費   2.0% 432 444 458 472 486
  衛生費   2.0% 432 444 458 472 486
  減価償却費     100 100 100 100 100
  その他経費 在庫投資を含む   2,000 2,000 2,000 2,000 2,000
営業利益     2,088 2,263 2,445 2,612 2,800

売上計画やシミュレーション数値などにつきましては、出店状況によって異なります。また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。