トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  中国雑貨ショップ

小売業
中国雑貨ショップ
商品の仕入れから販売までの全て運営を行うのがこの仕事。仕入れも現地に買い付けに行ったり、国内の卸業者からの仕入れるなど様々な方法がある。また仕入れだけではなく、オリジナル雑貨品を中国で制作し逆輸入するショップなども存在するので、扱える商品の幅もアイデア次第で広がる。

中国雑貨という商品を通じて生活の豊かさや安らぎを提案できる仕事である。

仕入れから販売までの全ての運営に関わるため、雑貨に関する知識・流行を取り入れる商品センスが必要。また、商品センスだけでは無く経営力と交渉力も必要となる。現地と直接取引をする場合は、語学力があるほうが当然有利である。

目次

1.起業にあたって必要な手続き

基本的に必要な資格は不要。ただし、アンティークを売る場合は古物営業法上、営業所を管轄する警察署(公安委員会)の古物商許可が必要となる。

2.起業にあたっての留意点・準備

1)経営形態

雑貨販売が主になるが、管理面の仕事として仕入れの交渉から、売上げ管理、商品ディスプレイ、知識、流行など多種の仕事が存在する。

2)準備・留意点

  • 同業者も多数存在する中で、単に商品を販売するだけでは無く、他には見られない商品の仕入れや開発といった店の強みが求められる。また、イベントを開催したり飽きられないような工夫も必要。
  • 誰でも起業は可能だが、雑貨と経営の知識そして行動力が不可欠であるため雑貨コーディネータなどのセミナー受講や雑貨屋でのアルバイトや仕事の経験を得たほうが望ましい。

3. 必要資金例

(単位:千円)
店舗物件 1,200
内外装   1,000
設備・備品(什器類) 300
仕入れ 1,000

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。