トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  中古レコードショップ

小売業
中古レコードショップ
リサイクル業の一種でレコードを専門に扱う。CDの普及・パソコンで音楽のダウンロードなど音楽形態が進化していく中、衰退していく産業のうちの一つ。だが、レコードが趣味である・クラブで使用するなど、一部の消費者にとっては十分価値がある。

顧客のニーズを素早く取り入れる、価値の変動を正しく理解することが必要。常に変化をキャッチし、それにあわせた展開方法も考えていかなければならない。

近年、中古CDショップも増加につれ、中古レコードも販売し始める。競合が存在するため、ジャンルを絞る、又はレイアウトを変えるなど工夫は必要になる。

目次

1.起業にあたって必要な手続き

リサイクル品(中古品)を仕入れたり、販売する場合は、「古物商」許可証(新品以外の物を販売する時に必要な免許)が必要になる。各店舗の管轄の公安委員会(警察署)で許可を得なければならない。

2.起業にあたっての留意点・準備

1)経営形態

  • 仕入れ物の選別から商品入荷・陳列・販売から経営・販売促進などすべてを担当する

2)経営上の留意点

<商品>
商品は、古ければ価値があるというわけではないので、比較的仕入れやすい。また自分の趣味からレコード店に開業になる場合は自分のレコードを売るなども可能である。基本的には、バイヤーや消費者からの買い取りになる。
<価格>
その月、その年により変化する激しい業界のため、常に流行を敏感に感じ取り、値段を付けないといけない。
<立地条件>
客層は10代~40代の男女が見込まれる。若者が集まる町、商店街だけでなく、大学近くなどでも集客が見込まれる。扱う商品の種類や特徴により客層も変わるため、その点を見極めた上で、出店場所・ジャンルを考える方が良い。
<宣伝・販売>
リサイクルショップは特徴として、周辺地域密着型商売にあげられる。折り込み広告の使用、ポスティングなどが望ましい宣伝方法である。また、特殊な商売であるため、クラブ・ライブハウスなどにフライヤーを置くなども効果的である。

3. 必要資金例

(単位:千円)
物件取得 1,6600
内外装費   5
商品搬入費 550
商品仕入れ費 784
古物営業許可 19
宣伝・販売促進費 150

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。