業種別開業ガイド

200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書

小売業
インポートウェアショップ
ブランドにこだわらず、ショップオーナー自ら(もしくはバイヤー)が直で外国から商品を仕入れ、販売するショップのこと。

ショップオーナーのセンスがほとんどを占めるため、流行に合う商品の仕入れをする必要があり、流行を敏感に感じ取る能力、ファッションセンスは最大の重要点になる。顧客のニーズを素早く取り入れ、そこに即した販売状況を整える必要がある。

それぞれの時代でファッションと若者は密接にリンクしている。現代の若者はファッションにとても敏感でアイデアを持ち合わせ、独自性、デザイン性を求める。そんなニーズを満たすために生まれたショップと言える。

目次

1.起業にあたって必要な手続き

開業にあたってとくに必要な許認可はない。一般の開業手続きとして、個人であれば税務署への開業届等、法人であれば、必要に応じて健康保険・厚生年金関連は社会保険事務所、雇用保険関連は公共職業安定所、労災保険関連は労働基準監督署、税金に関するものは所轄税務署や税務務事務所にて手続きをする。

2.起業にあたっての留意点・準備

1)営業形態

仕入れ物の選別から商品入荷・陳列・販売から経営・販売促進などすべて。

2)準備・留意点

第一に商品は重要である。コンセプトを決定し、それに応じた商品展開すると、客層も把握でき、のちの商品展開に有効である。また、内外装もファッション性が望めるデザインにすれば、センスのよさをアピールできる。たとえば、ショーウィンドウ・店の入り口は人の目に付く初めの場所である。この辺をデザインよく活用すれば、関心を引き、集客にもつながる。

立地条件...
一般的に商店街・繁華街など、人通りの多い場所が、直接集客にもつながり最適であるが、個性を出す店が殆どを占めるので、裏通りや、住宅地内などでもかえってふさわしく、目を引く。
宣伝・販売...
出店し始めは、周辺地域密着型商売になる。折り込み広告の使用、地域回覧板やポスティング他の店へのフライヤー配布などが望ましい宣伝方法になるといえる。また、店先を目立たせるため、ショーウィンドウなどのレイアウトを工夫するなどの努力も必要。

3. 必要資金例

都市部の路面店、売り場面積25坪、駐車スペース2台分のリサイクルショップを開業する際の資金例

(単位:千円)
物件取得 1,859
外装・内装費 4,250
商品仕入れ費 1,580
備品・什器類 5,020
宣伝・販売促進費 95

最終内容確認日2014年2月

あわせて読みたい