トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  コーヒーショップ

飲食業
コーヒーショップ
店格と味にコーヒーショップとしての専門性を示し、経営者がそれにふさわしい知識と接客態度を示すことが求められる。

味の専門店として固定客に信頼されるには、自家焙煎を行ない独自の「風味」にこだわっていることが必要である。

フランチャイズ・システム(FC)のコーヒーショップは低価格のスタンドコーヒーショップを多店舗展開しているが、業界全体としては参入店よりも撤退店が多く、総数としては減少傾向にある。

顧客はコーヒーショップに対して二極分化している。打合せや待ち合わせの店としては低価格と手軽さを求めてスタンドコーヒーショップを選択し、コーヒーと雰囲気を楽しむためには高級専門店を選んでいる。したがって、中間に位置する店は撤退を余儀なくされた。

近年の若者や女性客は店を選ぶのに流動的で、カフェのようなおしゃれな営業形態の店を選んでいる。したがって、顧客特性(ライフスタイル等)を把握した店づくりをすることが大切である。

出店に関しては店頭の通行人が多いことが絶対条件となるため、他の費用を割いてでも出店時に立地のよいところを選ぶ。

目次

1.起業にあたって必要な手続き

飲食店の開業にあたっては、営業許可を所轄保健所の食品衛生課に申請する。また、食品衛生法では、各店に1人、食品衛生責任者を置くことが義務づけられている。
食品衛生責任者となるには、調理師、栄養士、製菓衛生師等の資格が必要である。資格者がいない場合、保健所が実施する食品衛生責任者のための講習会を受講すれば、資格を取得できる。

一般の開業手続きとして、個人であれば税務署への開業手続き等、法人であれば、必要に応じて、健康保険・厚生年金関連は社会保険事務所、雇用保険関連は公共職業安定所、労災保険関連は労働基準監督署、税金に関するものは所轄税務署や税務事務所にて手続きをする。

2. 起業にあたっての留意点・準備

● 営業形態としては、
 ・ カフェ(喫茶)
 ・ カフェバー(喫茶とアルコールが楽しめる店)
 ・ カフェレストラン(喫茶と食事を気軽に楽しめる店)
 ・ カフェテリア(料理をセルフで自分のテーブルに運んで食べる店)
 ・ カフェテラス(庭付きの喫茶店)
などがある。

●事業所数は、平成13年と16年を対比すると、88,924件から83,684件に(▲5.9%)、従業員数は、同329,198人から314,944人(▲4.3%)にそれぞれ減少している(総務省「企業統計調査」)。

●顧客はコーヒーに対して対価を支払うのではなく、提供された雰囲気や過ごした時間に対する満足度に支払う。そのため、コーヒーの美味しさとともに、自店に求められる特性を見極めてそれを発揮しなければならない。

●店の雰囲気や商品の味に差別化を図ることが繁盛店となるポイントである。専門店として要求されるものは、焙煎の特徴、雰囲気、新商品への研究心、豆へのこだわり、アイテムの豊富さ等があり、これらをクリアすることが必要とされる。

●ランチ時は食事メニューの提供により客単価をアップすることが可能となる。しかし、専門店としての店格が低下する危惧もあるので軽食に止めることが肝要とされる。また、ナイトタイムには酒類の提供が客単価アップに効果的である。

3. 必要資金例

駅周辺に30坪、40席の店舗を出店するものとする

(単位:千円)
項  目 初期投資額
物件取得費 保証金(賃借料10カ月分) 9,000
敷金(1カ月分) 900
礼金(1カ月分) 900
小 計 10,800
設備工事費 改装工事費 10,000
デザイン費 2,000
看板工事費 400
厨房設備費 6,000
空調設備費 2,000
家具・調度品費 2,000
什器・備品費 1,000
ユニフォーム 200
レジスター 150
電話・有線 300
その他経費 500
小 計 24,550
開業費 市場調査費 500
従業員募集費 100
宣伝広告費 500
開業前賃貸料 900
小 計 2,000
合  計 37,350

4. ビジネスプラン策定例

●初年度売上計画例

(単位:千円)
  客数/日 客単価 日商 営業日数 年商
平 日 150 1.40 210 255 53,550
土曜日 120 1.40 168 52 8,736
日曜日 100 1.50 150 52 7,800
合 計 359 70,086

●モデル収支例

(単位:千円)
  初年度 2年度 3年度 4年度 5年度
売上高 70,086 72,189 74,354 76,585 78,882
売上原価 19,624 20,213 20,819 21,444 22,087
売上総利益 50,462 51,976 53,535 55,141 56,795
諸経費計 36,445 37,538 38,664 39,824 41,019
  人件費 11,744 12,214 12,702 13,210 13,739
  建物賃借料 10,800 10,908 11,017 11,127 11,239
  水道光熱費 3,014 3,104 3,197 3,293 3,392
  販売促進費 2,103 2,166 2,231 2,298 2,366
  通信費 701 722 744 766 789
  保険・修繕費 1,051 1,083 1,115 1,149 1,183
  減価償却費 4,419 4,419 4,419 4,419 4,419
  その他経費 2,613 2,923 3,240 3,562 3,892
営業利益 14,017 14,438 14,871 15,317 15,776

●初期投資回収  3年度

※ 売上計画やシミュレーション数値などにつきましては、出店状況によって異なります。また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。