トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  とんかつ店

飲食業
とんかつ店

とんかつ店は手ごろな価格で学生やサラリーマンの需要を広げ、順調に成長をしているが、業界全体が好調という訳ではない。市場は個人経営の単独店が苦戦するなか、チェーン展開する大手企業が積極的な営業活動で店舗展開をすすめている。ただし、個人経営でも、特色のあるメニュー等により人気店となっているところもある。

目次

1.開業のための許認可

飲食業の営業にあたっては、食品衛生責任者の資格が必要である。営業許可等については管轄の保健所に届出書を提出する。 それ以外には一般の開業手続きが必要である。個人であれば、税務署への開業届等、法人であれば、必要に応じて健康保険・厚生年 金関連は社会保険事務所、雇用保険関連は公共職業安定所、労災保険関連は労働基準監督署、税金に関するのは所轄税務署や税務事務所にて手続きする。
また、店舗、飲食店、マンション、事務所等で一定以上の人数が入る建物には防火管理者を選任し、防火管理体制を確立することが必要となる。

2. 開業の留意点

● 適する立地は、ビジネス街や繁華街、あるいはショッピングビル内などで、店舗前通行量が多く、競合店が少ないをエリアを選ぶことが重要である。

●郊外へ出店する際には、ファミリー層をターゲットとしたメニューや店舗スタイルを取り入れることも重要である。

●高級とんかつ店とする場合は、常連の固定客や社用の利用客を顧客対象の中心として、優れた味と吟味した材料で他店との差別化を図り、高価格品を提供する高級店にふさわしい雰囲気を持った店舗形態にする。

●大衆的とんかつ店の場合は、ビジネスマンや学生などの若い世代を顧客対象の中心として、手頃な価格設定で薄利多売を目指す店舗形態とする。

●オリジナルメニューを開発することも重要であるが、立地や客層によっては、ハンバーグやビーフシチューなどの肉料理や海老フライなどの揚げ物を取り揃えて、メニューの多様化を図る。

●1日の売上の時間帯別構成を見ると、昼・夕食時が大半を占めており、特に昼食時の2時間ほどでどれだけ多くの客をさばくことができるかがポイントである。夕食時には串揚げを扱いメニューをバラエティ豊富にする。

●昼食時には近隣の会社員向けにとんかつ弁当を販売したり、夕食時には周辺住宅地の主婦向けに揚げたかつを単品販売するなど、テイクアウト向けの窓口を設けて販売する。

●既に成熟したともいわれている飲食業界にあって、とんかつ店を個人で新規に開業することは困難な部分もある。運営ノウハウの提供や経営指導を受けられるFCへの加盟も検討する。

3. 必要資金例

駅前繁華街に、20坪のとんかつ店を開業する場合の必要資金例

(単位:千円)
項  目 初期投資額
物件取得費 保証金(賃借料10カ月分) 2,200
仲介料(賃貸料1カ月分) 220
小 計 2,420
設備工事費・
什器備品費等
内外装工事費 6,000
厨房設備工事費 3,000
什器・備品 1,700
小 計 10,700
開業費 印刷・DM等販促費 500
開業前人件費 100
開業前賃貸料 220
開業前水道光熱費・その他 100
小 計 920
合  計 14,040

4. ビジネスプラン策定例

●初年度売上計画例

  客数/日 客単価 日商 営業日数 年商
平 日 80 1.2 96 208 19,968
土曜日 80 1.4 112 52 5,824
日曜日 80 1.4 112 52 5,824
合 計 312 31,616

●モデル収支例

(単位:千円)
  初年度 2年度 3年度 4年度 5年度
売上高 31,616 31,932 32,251 32,574 32,900
直接材料費 12,646 12,773 12,901 13,030 13,160
諸経費計 18,914 18,468 18,664 18,862 19,062
  人件費 10,563 10,686 10,811 10,937 11,064
  不動産賃借料 2,640 2,666 2,693 2,720 2,747
  水道光熱費 1,897 1,916 1,935 1,954 1,974
  販売促進費 316 319 323 326 329
  通信費 316 319 323 326 329
  消耗品費 1,581 1,597 1,613 1,629 1,645
  その他経費 1,601 964 967 971 974
営業利益 55 691 687 683 678

※ 必要資金、売上計画、シミュレーションの数値などにつきましては出店状況によって異なります。 また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。