トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  介護士派遣業

医療・福祉
介護士派遣業

介護士派遣事業には、ケアマネージャーが常駐し要介護者に対してケアプランの作成などを行なう「居宅介護支援事業」と、介護福祉士や訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の居宅に訪問して介護サービスを提供する「訪問介護事業」がある。居宅介護支援事業と訪問介護事業を兼務することが一般的で、かつメリットも大きいことから、ここでは両方を兼ねる事業所を介護士派遣事業所と考える。

目次

1.起業にあたって必要な手続き

居宅介護支援事業および訪問介護事業を行なう場合、都道府県知事の指定を受けることが必要である。指定を受けるためには、原則的に法人格が必要である。ただし、1つの法人が居宅介護支援事業および訪問介護事業の2つの事業を展開することは問題ない。


指定基準

居宅介護支援事業 介護支援専門員(ケアマネージャー)を1名以上かつ常勤の管理者を置くことが必要である。
訪問介護事業
人員基準: 常勤の管理者、常勤換算方法で2.5人以上の訪問介護員など、1名以上のサービス提供責任者(管理者の兼務可能)の要件を満たすことが必要である。
設備基準: 事務室又は区画については、利用申込の受付、相談などに対応するのに適切なスペース、手指を洗浄するための設備など感染症予防に必要な設備などを設置することが義務づけられている。
※訪問介護員:
一般に介護福祉士と呼ばれ、試験や検定はない。行政や民間の「養成研修機関」が実施する講座を受講することで取得できる。資格には1級~3級までがある。
※介護支援専門員:
一般にケアマネージャーと呼ばれ、看護師、社会福祉士、介護福祉士、保健師などの資格・免許を持ち、かつ900日以上の実務経験があり、「実務研修受講資格試験」に合格の後、32時間の演習を受講した者。
※サービス提供責任者の要件:
介護福祉士、実務者研修修了者、初任者研修修了者であって、3年以上介護等の業務に従事した者。

指定申請の手続きは、都道府県に用意してある手引書を参考に申請書を作成、基準に合致していれば指定を受けられる。申請書提出からおおむね2カ月程度必要である。

2.起業にあたっての留意点・準備

1)人材の確保

居宅介護支援事業および訪問介護事業を創業する場合、ケアマネージャーとヘルパーの確保が最初のハードルになる。居宅介護支援事業所が増加するなか、ケアマネージャーは不足傾向である。また、質の高いヘルパーの確保に頭を痛めている事業所も多い。

2)顧客の開拓方法

顧客の開拓には主に以下の方法が必要になる。
 ・行政の介護保険課からの紹介
 ・各地域にある居宅介護支援センターからの紹介
 ・病院のソーシャルワーカー(相談窓口)からの紹介
 ・地域の民生委員や老人会などからの紹介
 ・既存利用者の口コミによる紹介

3)サービスを提供する上での留意点

 ・ 均一で質の高い介護サービスを提供するためには、マニュアル化、ヘルパー教育などによる管理が重要である。
 ・ 利用者と事業者間が契約書を交わすことが望ましく、したがって契約書、重要項目説明書などの用意が必要である。
 ・ 利用者とのトラブルが多発している。買物代行における金銭の預かり時の対応策、プライバシー保護などに細心の注意が必要である。

4)初期段階の固定費負担

利用者の多寡にかかわらず、管理者の他にケアマネージャーと常勤換算方法で2.5人以上のヘルパーを確保することが要件になっている。事務所費用を含めた固定費がかさみ、利用者の少ない初期段階は厳しい経営が予想される。

5)サービス提供と保険料給付のタイムラグ

提供したサービスは1カ月ごとに集計し、利用金額の1割を利用者が負担し、残りの金額は介護保険から支給される。利用者負担する部分は基本的に現金で支払われる。保険から支給される部分は、集計・請求の翌々月、国民健康保険連合会から給付される。サービスの提供から、実際に保険料が給付されるまでにタイムラグが発生することから、まとまった金額の運転資金を確保する必要がある。

3. 必要資金例

都市部の幹線道路に面したビルの2階、15坪の事務所を開設する場合の必要資金例

(単位:千円)
項目 初期投資額
物件取得費 保証金(賃貸料3カ月分) 450
仲介料(賃貸料の1カ月分) 150
礼金(賃貸料の1カ月分) 150
小計 750
設備工事費 内装・空調工事費 500
パソコン・ソフト一式 1,200
備品費、その他 300
小計 2,000
開業費 会社設立費用 200
求人費用 200
開業前人件費 500
開業前賃貸料 150
開業前水道光熱費、その他 200
当座運転資金 4,000
小計 5,250
総計 8,000

4. ビジネスプラン策定例

1)売上計画例

 

開業当初

単価 増加率 初年度計 年商
ケアプラン作成 月間10件/月 8,500円

1件/月

186件 1,581千円
生活援助 月間200h(20h/人) 2,080円   3,720h 7,738千円
身体介護 月間100h(10h/人) 4,020円   1,860h 7,477千円

※顧客はすべてケアプラン作成後、サービスの提供を受けるものとする
※開業月のケアプラン作成は10件、その後毎月1件ずつ増加(2年間)と仮定する
※生活援助と身体介護の割合を2:1と仮定する

1)売上計画例

(単位:千円)
  年増加率 変動費率 初年度 2年度 3年度 4年度 5年度
売上高 10.0%   70,000 77,000 84,700 93,170 102,487
売上原価   73.0% 51,100 56,210 61,831 68,014 74,816
売上総利益     18,900 20,790 22,869 25,156 27,671
営業費計     23,210 21,614 22,040 22,490 22,966
  人件費 2.0%   9,000 9,180 9,364 9,551 9,742
  地代家賃 0.0%   7,200 7,200 7,200 7,200 7,200
  販売促進費   3.5% 1,750 1,925 2,118 2,329 2,562
  その他経費   3.5% 2,450 2,499 2,549 2,600 2,652
  初期投資括計上分     2,000 - - - -
  減価償却費     810 810 810 810 810
営業利益     -4,310 -824 829 2,666 4,705
営業利益率     - - 1.0% 2.9% 4.6%

※開業当初の管理者(社長)がサービス提供責任者を兼務する
  サービス提供時間が450時間、900時間を突破するごとにサービス提供責任者を新規雇用する
  ケアプラン作成は8,500円/件
  生活援助サービスの平均単価は2,080円/時間と計算
  身体介護サービスの平均単価は4,020円/時間と計算

※ 必要資金、売上計画、シミュレーションの数値などにつきましては出店状況によって異なります。 また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年3月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。