トップページ  >  起業する  >  業種別開業ガイド  >  鍼灸院

医療・福祉
鍼灸院
鍼治療とは、「先端のとがった鍼を身体のツボなどに刺して刺激を与え身体の調子などを整えるもの」であり、灸治療とは、「もぐさ等を用いて身体のツボなどに温熱的刺激を与えて身体の調子などを整えるもの」である。生活習慣病や事故等の後遺症に有効な治療法としてニーズがある。その反面、マッサージなどと異なり、東洋医学による伝統的な治療法であるが、専門性が非常に高く、それほど一般的でない面もある。最近では、運動選手や生理痛や冷え性など女性特有の症状に悩む若い女性の利用が広がっている。

鍼・灸は、治療を目的とした医療行為の一環であるため、指定の学校で3年以上の教育を受け、国家試験に合格し、免許を受けなければならない。
その他の機関として、全国に多数の病院、専門学校があり、その地域の講習機関を紹介してもらうのがよいと考えられる。

経営形態には3つのタイプがある。

  • 勤務型......既存の病院や、治療院に勤務する。顧客管理も顧客獲得も不要である。
  • 独立型......過去に経験があり、顧客もつかんでいる場合は、このタイプが向いているといえる。
  • 提携型......既存事業者からのノウハウ伝授で開業する。顧客の共有を計るなど、共同経営に近い形態で事業を行なうことができる。

目次

1.起業にあたって必要な手続き

●鍼・灸は健康保険の対象となる例は神経痛、腰痛、五十肩、むち打ち、リウマチ、頚腕(けいわん)症候群(首や腕がこり痛む病気)の6つのみ。(医師の診断書か同意書がある場合)大半は患者の自費診療になることが多く、診療費も一回3,000円から5,000円になることから、必ずしも大衆治療の対象とはなっていない。

●立地としては、比較的早く高度成長期に住宅街になったようなところで、現在高齢化した人たちが大勢住むところが一つの狙い目になる。

●店構えは明るく入りやすいのがよい。最近では、マッサージなどの普及で若者が気軽にマッサージにかかることも多くなっている。したがって、女性や、若者が気軽に立ち寄ることのできる店構えが好ましい。

●鍼・灸は、技量による面が大きい業態であるため、口コミなどによる顧客層拡大を考える必要がある。開店当初はキャンペーンを繰り広げるなどして、一気に固定客の獲得にまい進できるような準備をできるとよい。

●自店の得意分野を決めておくとよい。既存の競合店や病院、治療院の手薄な分野に特化して開業するのがよいと考えられる。

3.ビジネスプラン策定例

●初年度売上計画例

客単価を5千円、営業日数を200日とした場合、年商は1千500万円となる。

  • 鍼治療(10人/1日)は、年商1千万円
  • 灸治療(5人/1日)は、年商500万円

●モデル収支

初期投資回収 6年度

(単位:千円)
  年間増加率 変動費比率 初年度 2年度 3年度 4年度 5年度
売上高 3.0%   15,000 15,450 15,913 16,390 16,882
売上原価   10.0% 1,500 1,545 1,591 1,639 1,688
売上総利益     13,500 13,905 14,322 14,751 15,194
諸経費計     11,750 12,036 12,348 12,656 12,949
  人件費     8,000 8,240 8,487 8,741 9,004
  地代家賃 1.0%   2,400 2,424 2,448 2,472 2,497
  水道光熱費   2.0% 300 305 318 327 337
  販売促進費   2.0% 300 305 318 327 337
  通信費   1.0% 150 154 159 163 168
  消耗品費   1.0% 150 154 159 163 168
  衛生費   1.0% 150 154 159 163 168
  減価償却費     200 200 200 200 200
  その他経費     100 100 100 100 100
営業利益     1,750 1,869 1,974 2,095 2,245





最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。