業種別開業ガイド

200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書

IT関連業
YouTuber(ユーチューバー)
YouTubeは、アメリカのGoogle Inc. が所有する動画共有サービスである。YouTubeには、2017年6月現在、日本で、約4万のチャンネル(動画配信局)が開設され、累計約1,300万本の動画が投稿され視聴されている。
YouTubeへの動画投稿者は、YouTubeクリエイターと呼ばれ、その中でも、広告収入を得ている個人やグループは、一般に、YouTuber(ユーチューバー)と呼ばれている。彼らは、YouTube上に個人の動画チャンネルを開設し、日々、動画を投稿して全国の視聴者に向けて、独自の番組を配信している。2017年6月現在における日本の有名YouTuberの開設しているチャンネルと登録者数は以下のとおりである。
YouTubeに動画を投稿することで収入を得るには、まず、Google AdSenseのアカウントを取得する必要がある。Google AdSenseのアカウントで得られる収入は広告報酬であり、自ら投稿した動画内で企業広告が流れ、視聴者がその広告を閲覧またはクリックすることで、Google AdSenseから報酬が得られる。
著名なYouTuberになれば、Google AdSenseからの報酬だけでなく、企業等から直接、動画内での商品販促などの依頼を受けて、収益を得ることも可能である。
Google AdSenseからの報酬額は非公開であるが、平均して、1再生回数あたり0.1円の報酬が支払われていると言われている。

目次

1. 起業にあたって必要な手続き

YouTuberになるために必要な手続き等はないが、12歳以下はYouTubeのアカウントが登録できないため、13歳以上であることが必要である。アカウント登録からGoogle AdSenseからの報酬を受け取るまでの一連の流れは以下のとおりである。

<Google AdSenseから報酬を得る手順>

  1. 有料・無料の各種アプリで動画を編集し、YouTubeへ投稿する
  2. Google AdSenseへアカウント登録申請をする
  3. 審査を経て、Google AdSenseのアカウントを取得する
  4. 過去に投稿した(新たに投稿する)動画に対して、広告設定(※)を行う
  5. Google AdSenseからの支払いを受ける金融機関口座の登録手続きを行う
  6. Google AdSenseの支払い条件を満たしたら報酬が支払われる

※ YouTubeの動画に設定される広告には、主に以下のようなものがある。

  • オーバーレイ広告(パソコン仕様)
    再生画面の下に表示される横長の広告で、クリックされると報酬が支払われる。
  • ディスプレイ広告(パソコン仕様)
    パソコン画面の右上に表示される広告で、表示またはクリックされると報酬が支払われる。
  • インストリーム広告(パソコン、スマートフォン仕様)
    動画再生前に流れる広告で、30秒間の視聴(30秒未満の広告の場合は最後までの視聴)またはクリックされることで報酬が支払われる。

なお、YouTubeのガイドラインにより、以下の内容を含む動画は投稿が禁止されている。
<投稿が禁止されている動画内容>
差別的な内容、脅迫的な内容、ヌードおよび性的な内容、暴力的な内容、詐欺的な内容、児童を危険にさらす内容、嫌がらせやいじめに該当する内容、その他法律や社会規範・道徳に反する内容 など

2. 起業にあたっての留意点・準備

YouTuberになるにあたっては、まず、自身のチャンネルのコンセプト設定が重要となる。チャンネル登録者に飽きさせず、動画を視聴し続けてもらうには、彼らのニーズに長期間、応え続けていかなければならない。そのため、自分自身の強みや個性を安定的に発揮させ続けることのできるコンセプトをチャンネルに設定することが重要となる。

また、どんなに良い動画を投稿しても、視聴してもらわなければ、高評価にもチャンネル登録にも結び付かない。そのため、内容だけでなく、YouTubeやGoogleで検索されやすいキーワードを各動画に設定することも重要である。検索されやすいキーワードは、YouTubeやGoogleの検索サジェスト機能などを参考にすると見えてくる。

3. 必要資金例

以下は、個人が自宅にて、個人事業でYouTuber事業に参入する場合の必要資金例である。

※土地・建物等の物件取得費は含まない。
※備品費は、動画編集用パソコン、ビデオカメラ、データ保存用サーバー等の費用。

4. ビジネスプラン策定例(モデル収支例)

以下は、上記の条件下で、YouTuber事業に参入する場合のモデル収支例である。なお、収入に関しては、企業等からの直接の販促依頼を受けず、Google AdSenseのオーバーレイ広告の報酬によるものと仮定している。

1)売上計画例

2)損益計算のシミュレーション

※初期投資一括計上分は、開業費の金額
※減価償却費は、設備工事費・什器備品費の額を5年で償却したもの
※必要資金、売上計画、シミュレーションの数値は、状況によって異なります。
 また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

(本シリーズのレポートは作成時時点における情報を元に作成した一般的な内容のものであるため、開業を検討される際には別途、専門家にも相談されることをお勧めします。)

最終内容確認2017年6月