J-Net21  >  起業をする  >  業種別開業ガイド  >  建築業

その他
建築業
一般的に工務店と呼ばれる場合も多い建築や内装を行う業種である。建築士を中心として、建築・内装のスペシャリストを使って建物にデザインから設計、施工を施す仕事である。

建設業など似た職種はあるが、建築業法に基づいて内容の決定をされているのが建築業である。また廃屋や古い住宅を再生する仕事も近年増えてきている。衣食住のうち住を扱う仕事なため需要がなくなることはない。

主に扱うものとして、建物やその内装のデザインや設計になるが、同種のインテリアデザイナーなどより扱う幅が多種に渡り、自分のセンスを最大限に生かす事ができる仕事でもある。

目次

1. 起業にあたって必要な手続き

一般の開業手続きとして、個人であれば税務署への開業届等、法人であれば、必要に応じて健康保険・厚生年金関連は社会保険事務所、雇用保険関連は公共職業安定所、労災保険関連は労働基準監督署、税金に関するものは所轄税務署や税務務事務所にて手続きをする。また、建築事務所の開設が一般的な開業方法となるので、建築士を中心としての登録が必要になる。

2.営業に関して

営業形態について

主に依頼者からの仕事を請け負い、企画や設計を行う。また、コスト管理などと言った内部的な経理処理も同時に担当している。

準備・留意点

建築に関しての様々な技術と、インテリアに関する道具と知識は常時必要とするため、努力が必要である。また、デザインセンス・依頼者の考えている事を読み取る力と要望を的確に捉えるヒアリング能力が最低限必要になってくる。

3.必要経費例

ここでは少人数による小規模な建築事務所を開設する場合の必要経費例を示す

(単位:千円)
物件取得 2,840
施工費 980
什器類 7,230
営業車 570
手元資金 500

4.必要経費例

ここでは建設業法上の指定業種のうちの1つである土木工事業を行う小規模事務所を開設する経費の例を示す。

(単位:千円)
物件取得 2,840
施工費 1,980
什器類 7,230
備品 3,560
営業車 3,570
手元資金 5,000
合計 24,180

※ 必要資金、売上計画、シミュレーションの数値などにつきましては出店状況によって異なります。また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
  • サービス業
  • 専門
    サービス業
  • 飲食業
  • 小売業
  • IT関連業
  • 環 境
  • 医療・福祉
  • その他
起業をするコンテンツ一覧
  • 事業計画や起業準備、開業まで『こんな時どうする?』に応えます

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階から、実際に起業・開業後も使える豊富な情報。

  • 起業・創業や第二創業を行う方に、必要となる経費の一部を補助する制度。

  • ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度。