トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  頑張れシニアベンチャー  >  クッキング・パフュームで新しいマーケットにもチャレンジ【Aftelier Perfume】

頑張れシニアベンチャー
クッキング・パフュームで新しいマーケットにもチャレンジ【Aftelier Perfume】

30年のキャリアを捨ててセラピストからパフューマーへ転身。人工的な材料を使わず、自然原料とクオリティにこだわりぬいて香水を手作り。

c2_130117_01.png
Mandy Aftel(マンディ・アフテル)
Aftelier Perfume(アフテリエール・パフューム)創立者。本の執筆のために香水を学び始め、香りの感覚に優れていることに気づく。30年間のセラピスト人生にピリオドをうち、1999年、Aftelier Perfume創立。香水、料理用エッセンスのプロデュース、香水クラスの開講などを行う。Essence and Alchemy: A Book of Perfumeなどの著作がある。

目次

オリジナルの香水をすべて自ら手作り

――パフュームビジネスを始めた経緯についてご説明ください。
私は30年間セラピストとして働いてきました。自分のために本を書こうと思っており、その主人公を香水作家にしようと考え、香水作りのクラスを受講して学び始めたところ、自分に、それまで気づかなかった香りに関するゆたかな感覚が備わっていることに気づいたのです。それがこのビジネスを始めるきっかけになりました。
現在市販されている香水は人工的なものがほとんどです。かなりよくできているとはいえ、自然の原料から作られる、複雑で神秘的で豊かな深みのある香りにはなりえません。私は人工的な原料は一切使わず、100%自然原料だけを使って香りを手作りしたいと考えて、1999年に現在のビジネスをスタートさせました。それ以来、このビジネスに専念しており、セラピストの仕事はしていません。
――セラピストの仕事と現在のビジネスは大きく異なりますが、どのようにビジネスのノウハウを学びましたか。
ビジネスのノウハウはビジネスをしながら少しずつ学んでいきました。常に意識していることは、私が最も大切にしているバリューとビジネスとの調和です。なかなか手に入りにくい原料であろうと、コストがかかろうと、最高の自然原料を使うことにこだわっていますし、業界のトレンドがどうあろうと、自分が美を認めたパフュームを作り続けています。
c2_130117_02.png
――オリジナルの香りはどのように開発していますか。
私は、嗅覚が五感の中で最も強く鮮明に記憶と結びついており、最も心に近い感覚だと考えています。私はそれぞれの香りが、ある印象と美的な経験をもたらすように考えて香りのコンセプト作りから始め、モダンで贅沢な香りに仕上げています。製法が決まったら、少量ずつブレンドして香水を作り、ボトルに詰める作業まで自分の手で行います。
――商品のラインナップと価格についてご説明ください。
リキッドタイプとソリッドタイプを含めて20種類です。ほとんどの香水はアンティークのフレンチボトル詰めで、1オンス150ドルからです。
――従来のパフュームビジネスとの差別化について、どのように考えていますか。
だれも私に何ができて何ができないかという人はなく、私は自分の美的なビジョンに従って仕事をするだけで、それができることにとても喜びを感じています。原料のクオリティを重視しているので、事業は拡張せず小規模にとどめ、お客様との個人的なコネクションを大切にしていることが、ほかとの違いでしょうか。

料理用エッセンスで新しいマーケットを開拓

――販売チャネルについてお聞かせください。
高級百貨店とウェブサイト(aftelier.com)で販売しています。
――最もご苦労されたのはどのようなことですか。
香水ビジネスも含め、多くのスモールビジネスが事業拡張、管理者の雇用、販路拡大などのプレッシャーにさらされているのを見てきました。こうしたプレッシャーはスモールビジネスオーナーから創造性や顧客との関係を奪っています。最も苦労するのは、そのようなプレッシャーを排除して、ビジネスの規模を、すべてのプロセスを全部自分で管理できるだけの小さい規模に維持し続けることですが、さいわいそれができているのでありがたいと思っています。
――パフュームクラスについてご説明ください。
パフュームスタディは初心者レベル、上級者レベル、3日間のクラス受講などがあり、クラス受講以外はそれぞれのレベルのワークブック(375ドル)で自主学習。スタジオでの受講(1425ドル/材料費込み)は私のスタジオで実施し、受講生は少なくとも3種類の自分のオリジナルパフュームを制作します。どのクラスも香りに興味のある人ならだれでも楽しめるようにデザインされています。
c2_130117_03.png
――Chef's Essence(シェフのエッセンス)とはどのような商品ですか。
料理にほんの1、2滴加えるだけでアロマの深みが加わり、いつもの料理を贅沢に仕上げることができます。シェフのエッセンス・コレクションは、スイートバジル、黒こしょう、フレッシュ・ジンジャー、アジアン・レモン、スペアミント、ウォーム・ナツメグなど50種類あります。
――今後の取り組みについてお聞かせください。
パフュームビジネスに関しては、これからも私が愛する仕事をこれまで通り続けて行くだけです。このほかには新しい本の執筆を予定しています。これは、アロマと歴史、哲学、そして人間の味覚とのパワフルな関係性がテーマです。

Aftelier Perfumeのホームページ


掲載日:2013年1月17日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。