トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  頑張れシニアベンチャー  >  携帯やネットでのPOSシステムに挑戦【セラシステム】

頑張れシニアベンチャー
携帯やネットでのPOSシステムに挑戦【セラシステム】

1990年、日本初のパソコンPOSを開発し、レジとパソコンの2つの機能を両立できるシステムを開発、創業から20年を迎える小山弘靖氏。

c2_101005_01.png
株式会社セラシステム
代表取締役会長 小山弘靖(こやま・ひろやす)

昭和16年8月17日生まれ。昭和40年4月上智大学法学部卒業。化学品メーカー在籍2年、地元商社在籍2年、昭和47年小山物産創業。平成2年セラシステム創業。

目次

より成長できる戦略で再度起業に挑戦

――いつ創業されたのですか?
実は、セラシステムを創業する前に、美容室専用のPOSシステムを手がける会社を経営していました。この会社は業界では90%のマーケットシェアを持っていたのです。しかしながら、当時はパソコン自体も自社で作っていました。つまり、ハードもソフトも自社で作っていました。そのため、かなり負担が重い会社となってしまい、その結果、自社を大手精密機械会社の関連会社に売却することになりました。顧客も、技術も、サービスも、拠点も売却してしまいました。
その後、この会社の事業の反省をしました。つまり、自社でコンピューターを作ると時代に追い付かない。もっと少人数で身軽な会社にしないといけないと思ったのです。その結果、市販のパソコンをベースにソフトを載せるだけの軽いシステムを開発する業態で創業しようと思ったのです。
創業当時、大手精密機械会社からソフトバンクを紹介していただき、ソフトバンク、当社、NECとともに「レジ太君」というPOSシステムを発売しました。この再度創業した会社は、大手精密機械メーカーの中のグループ会社として発足させていただいたのです。この企業の指導のもと、順調に発展してきました。この「レジ太君」は、創業の1990年にパソコンを活用して、高機能、汎用性、低コスト、コンビニエンスなPOSシステムとして、開発・販売しました。これは、日本初のパソコンPOSでした。
――そうした厳しい繊維業界で、しかも、定年退職後に起業したのは何か勝算があってのことだったのでしょうか?
いやいや、そんなものは全然ありませんでした。桑村繊維時代、国内外を仕事で飛び回るうちに、あちこちに友達ができた。そうした友達と定年後もお酒を飲みたいと思い、その資金を稼ぐために会社を興したわけです(笑)。当初は桑村繊維の商圏の一部を譲りうけ、販売代行のようなことをやっていましたが、だんだん自社製品を作るようになり、現在に至ったというわけです。

パソコンPOSの老舗に

――日本初のパソコンPOSだったのですね。
当社では、「レジ太君」から、レジノートシリーズとして20年パソコンPOSを開発してきました。この「レジノートプロ」というシステムの特徴は、売上・顧客管理の高度なPOS機能を持ったパソコンPOSだということもあり、順調に販売を継続してきました。
――開発の苦労を教えてください。
創業から、小山会長と弟と日本初のパソコンPOSを開発するためにさまざまな苦労をしてきました。特に、パソコンとPOSの周辺機器の接続がもっとも苦労したことです。USBもない時代、さまざまな工夫をしてつなげ、ハブのようなコントロール制御する仕組みを完成し、特許を取ったことが大きかったと思います。当時は、販売努力をあまりしなくても注文が全国から来ました。また、大手電機メーカーに専任部隊で売っていただきました。
 創業したセラシステムが少人数で効率がいい会社として発展する起爆剤になったのです。

今後はネットショッピング対応POSを開発、販路を築く

――携帯電話による集客と販促も行なっているのですね。
「モバイル倶楽部」という名称で、携帯電話による販促システムを開発しました。これによって、店舗サイドは店舗のPR、集客・囲い込み、クーポン発行、お誘いメール等が可能となり、来店客もクーポンを使い割引が受けられる等、お得な情報・サービスをいつでも獲得できるようになりました。
実は、当社は2007年にもう一つ日本初のシステムを開発しました。これが、このモバイル倶楽部を発展させ、レジ(POS)と携帯を連携させ、レジから集客、販促を可能にしたQxというシステムなのです。
――今後の事業展開を教えてください。
現在、ネットショッピング対応POSを開発しましたので、マーケットを拡大しようとしているところです。これが、当社の3番目の日本初です。ネットショッピングにも対応するPOSシステム"webeePOSMO"というものです。
ネットとリアル店舗で、商品や在庫を一元管理し、ネットとリアル店舗を持つお客様の悩みを解決し、商圏、商機の拡大に寄与していきます。複数モール間連携で出品・受注・在庫・出荷を一括管理でき、楽天市場、Yahoo!、ビッダーズ、アマゾンへの出品が可能となります。また提携しているネットショッピングモールもあり、店舗数、消費者数、利用頻度が増加することが見込まれます。
――今後が期待されるWebによる店舗管理システムですね。
当社は、パソコンPOSを開発したパイオニアとして、従来のパソコンPOSの他、モバイル連携の付加価値をつけ、業種を特化した製品分を新たに提供し、今回のwebショッピング向けのPOSも提供することによって、今後大きく成長ができると思っています。
――これからもがんばってください。
私の趣味は登山ですので、体調は万全です。これからも是非、がんばっていきたいと思います。



株式会社セラシステムのホームページ


掲載日:2010年10月 5日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。