トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  頑張れシニアベンチャー  >  業績悪化を機に退陣 異業種で第二の創業【スプラウト】

頑張れシニアベンチャー
業績悪化を機に退陣 異業種で第二の創業【スプラウト】

起業して自分らしい仕事をしたいと考えるシニアにエールを送るコーナーです。 坂下さんは48歳で起業した会社の社長の座を64歳で実弟に譲り、翌年再び起業しました。多くの人が引退を考え始める時期にあえて起業したわけは......。

株式会社スプラウト代表取締役 坂下五男(さかした・いつお)
昭和15年生まれ。実業高校卒業後、土木設計会社を経て建設資材会社に入社。そこで補強土のエキスパートになり、技術を生かして平成元年、資本金7000万円の会社を設立、全国に販売ネットワークを構築し社員数100名を超える会社に育てる。同17年、会長に退き、翌18年、65歳で資本金300万円の(株)スプラウトを開業、オリジナルDVDを中心に巻物アルバム、名刺制作等を行なう。

目次

当初は大阪のアキバでメイド喫茶でもと

――スプラウトではどのような事業をされてますか。
20090324_01.png
思い出の写真やビデオにナレーションやBGMを添えて映画のように編集する『DVD物語』、写真をコンピュータ処理してコメントをつけ、芸術的に仕上げる『巻物アルバム』の2つがメイン商品です。各家庭のアルバムの置き場所や劣化の悩みに対応、ご夫婦の歴史物語や冠婚葬祭、同窓会、発表会、旅行、趣味、ペットなど、永久保存版の"世界にひとつだけのDVD"をお作りしています。もちろん、企業様の依頼にも対応します。
――第二創業とのことですが、最初に会社を立ち上げられた経緯を教えてください。
私は48歳の時、脱サラして起業しました。最初は起業など考えてもいませんでしたが、入社した建設設備会社で補強土という、土に補強材を入れて垂直に立たせる特殊な土木技術の専門家になりました。当時フランスがもっていた特許を、その会社が日本での実施権を買い、私がその任に当たったということです。やがて別の人から一緒に起業しようと誘われ、私が技術を提供する形で独立。今度はアメリカの企業と提携しました。
――なぜその会社で社長をずっと続けることは考えなかったのですか?
もちろん、私が創業した会社だから可能だったと思いますが、会社の基盤ができ、後継も育ったと判断して私は次の新しいことをしようと考えたのです。高給取りの経営陣が退くと経費も圧縮できますし。会社が軌道に乗っていたからできたことですが、自分が創業者だからこその決断でした。それに、私は新しいことに挑戦するのが結構好きなんですよ(笑)。
――次にどんな事業をするかはある程度考えておられたのですか。
全然。前職の終わり頃、今の事務所を借りたので、退職後はここで毎日市場調査をしていました。そしてメイド喫茶に興味を持ち、大阪のアキバである日本橋へ5、6軒下見に行なったことも。なかなかいいと思ったんですが、空きビルを見つけて担当者に話を聞くと、トイレが2階にしかない。これを1階に移して内装もすると1000万円ぐらいかかるので、喫茶店では回収が難しいと思い諦めました。次に考えたのが今の事業です。

高齢者の方がイキイキするお手伝いを

――前職とは対象顧客や価格帯のまったく違う業種ですね。
私は前から仕事で設計や計算にCADを使い、他店とのネットワーク構築ではずっとコンピュータを使っていたので、パソコンには抵抗なく早くから馴染んでいました。そこでパソコンでできるものがいいなと思い、いろいろ探してたどり着いたのが人の一生を物語にして人生アルバムとしてDVDに収め、ネットで販売するというビジネスです。これからは少子高齢化で高齢者も多くなりますから、需要があると見込んだのです。
――映像処理などはかなり難しそうな技術と思えますが。
20090324_02.png
確かに。私はコンピュータの技術計算はできても映像ソフトは扱ったことがないので、まず技術を習得せねばなりません。ソフトを買って練習し、ある程度作れるようになっても、そこに感動がないとお客さんは買ってくれません。そこが一番苦労したかな。やっと商品ができたと思ったら、今度はそのソフトで営利行為をしてはいけないことがわかって......。
――営利行為ができないとビジネスモデルが成立しませんね。
自社開発すると数千万円はかかるのでどうしようかと思っていたところ、営利行為のできるソフトを見つけて、また習得し直しました。市場調査に1年ほど、ソフトを絞り込んで習得するまで2年近くかかっていますから、商品が揃ったのは最近です。しかも後発企業なので、他社にないウリがないと販売は難しい。そこで、パソコンが苦手なお年寄りでも友だちに気軽に孫自慢できるツールとして、2メートルの長さの巻物も作りました。桐の箱に入った、ちょっとした家宝感覚の商品です。
――実際の販売などはどうされたのですか。
今のところすべてクチコミです。お問い合わせいただいた時点で必ず見積りを出し、安心して依頼していただけるようにしていますが、まだ会社の存在が知られていないので営業はこれからです。前職は営業先が決まっており、訪問すれば必ず仕事が貰えましたが、こういう個人相手の商売は難しいですね。現在、販売を手伝ってくださるパートナーを募集中です。
20090324_03.png
――最後に今後の目標を教えてください。
これまでにざっと100枚ぐらいのDVDを制作しました。完成品を見てお客さんが泣いて喜んでくださるとこちらも非常に嬉しく、この感動のあることが前職との大きな違いです。高齢者の認知症予防に映像が効果あるということで、今後この方面の需要も開拓して行きたいと思っています。高齢者の方がイキイキするお手伝いをしたいですね。

株式会社スプラウトのホームページ


掲載日:2009年3月24日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。