トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  起業の先人に学ぶ  >  全米第3位の人気を獲得。ニューヨーク食べ歩きツアー【Food On Foot Tours】

起業の先人に学ぶ
全米第3位の人気を獲得。ニューヨーク食べ歩きツアー【Food On Foot Tours】

お仕着せのツアーではなく、地元に住む友達に観光案内してもらうようにニューヨークを見て歩きたい。グルメの街ニューヨークを手軽な料金で堪能したい。そんなニーズに応えたウォーキングツアーが人気を集めている。

Food On Foot Tours コーレイ・テイラー(Corey Taylor)
ラジオ、TVタレントのプロモーションなどの仕事を経て、ケーブルテレビ局で24年間働くが、2年前に解雇され、2009年5月にフード・オンフット・ツアーを設立。今年、トラベルサイトの人気のツアーランキングで、ニューヨークで唯一ベスト10入りを果たす。

目次

趣味をビジネスにして大成功

c3_110517_01.png
――フード・オンフット・ツアーを始めたきっかけは何でしたか。
家族や友達がニューヨークに遊びに来たとき、いつもどこに行きたいか、何を食べたいかと聞いて案内していました。もともと食べることが好きで安いところを食べ歩いていたし、人と会うことが好きなので、どこかでこうした好きなことを仕事にしたいという思いがありました。長年ケーブルテレビ局で働いてきましたが、2年前に解雇され、この不況下でなかなか仕事が見つからなかったことが、Food On Foot Toursを始めた直接のきっけになりました。
――ツアーの内容についてご説明ください。
3時間半~4時間半程度のウォーキングツアーで、数カ所食べ歩きます。ニューヨークの種類豊富なサンドイッチを食べ歩くツアー、甘味処を9カ所訪ねるツアー、エスニックフードの食べ歩き、冬季限定のヌードルツアー、夏季限定のベースボール観戦とセットになったツアーなどなど。たとえば、ニューヨーク甘党ツアーでは、中国風ワッフル、カップケーキ、ユダヤ風クッキー、ドーナツ、イタリアのカノーリクッキー、ジェラートなどの店をまわります。料金は割引価格で一人49ドル、割引料金35ドル(食べ物は別料金)です。
c3_110517_02.png
――フード・オンフット・ツアーが全米3位に選ばれたそうですね。
TripAdvisor.comという旅行サイトの「スイートアトラクション」というカテゴリーで全米3位にランクイン、ニューヨークの828のアトラクションの中では2位になりました。順位は顧客満足度を測るインデックスの結果で決まりました。

ほかのツアーがやらないことをやる

c3_110517_03.png
――フード・オンフット・ツアーがそれほど人気になった理由、また、ほかのツアーとの違いは何でしょうか。
私のスローガンは「私がいいと思わないものはツアー客にも勧めない」というものです。一般のツアーでは、ツアーと行き先がセットになっていることが多いですが、私は自分でおいしいと思ったところに案内します。店と提携しているわけではないので、ツアー客はその店で好きなものを選べばいいし、食べたくなければ食べなくてもいいんです。最近はベジタリアンも多いので、こういうやり方が好まれます。行ってみたら休みだったということもまれにあり、行き先を変更することもありますが、そういう場合に行けるところも用意しています。
旅先では地元に住む人の案内で観光するのがいちばん。私はツアーガイドというより、友達を安くておいしい食べ物屋に連れて行くようなリラックスした雰囲気を大切にし、ツアー客同士もわきあいあいとお互いにコミュニケーションを楽しめるように心がけています。また、私のツアーは食べ歩きが目的なので、観光案内は少しだけにとどめています。ガイドの説明なんて、旅行が終わったらみんな忘れてしまいますからね。
また、ほかのツアーがやっているようなツアーはしません。タイムズスクエアとかリトルイタリー、チャイナタウンなどに行くツアーが多いですが、私はほかのツアーがあまり行かないような、イーストヴィレッジ、クイーンズ、ブルックリンなどの穴場を中心にツアーを組んでいます。
――1回のツアーで、何人くらいの参加がありますか。
通常30~35人くらいの規模です。多いときはそれ以上になることもあります。

次は穴場レストランの紹介ビジネス?

c3_110517_04.png
――天候や地下鉄の遅れ、自分が病気になったときなどはどうするのですか。
悪天候でもツアーは行ないます。せっかくニューヨークに来て天気のためにキャンセルしては申し訳ないですから。これまでのところ、危うくスノーストームに遭いそうになったことはありましたが、ツアーができなくなるほどの悪天候になったことはありません。
また、ニューヨークの地下鉄は遅れることがよくあり、1日ふたつツアーを予定している場合、待ち合わせ場所に遅れる可能性がないとは言えません。タクシーでも間に遭わない場合は、ツアー客の携帯に電話して、ほかのツアー客に伝えてもらうことにしています。また、私が病気になったりした場合のために、2人の知人にバックアップを頼んでいます。
――このツアーの認知度が高まって、ビジネスが軌道に載った契機となるようなことはありましたか。
当初はウェブサイトとクチコミだけでしたが、ニューヨークに来るツアー客が、美術館やエンパイアステートビルの展望台入場料、クルーズなどの観光スポットを割引価格で回れるパス、「ニューヨークパス」と「ニューヨークエクスプロア」と提携したことで、ツアー客が大きく増えました。
――ビジネスの売り上げはいかがですか。
おかげさまで、今では前職のときの収入を超えています。
――では、今後の抱負をお聞かせください。
今年実験的にやってみたところ、アイスクリームツアーの人気が高いので、来年はアイスクリームツアーをツアーに組み込もうと考えています。また、ツアーのほかに、ツアー客に安くておいしい穴場のレストランを紹介するビジネスの展開も考えています。

●会社概要

会社名 Food On Foot Tours
電話 1-631-491-0326
E-mail tours@foodonfoottours.com
URL http://foodonfoottours.com


掲載日:2011年5月17日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。