トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  起業の先人に学ぶ  >  不動産業界の顧客満足度ナンバーワンを目指して!【T'sカンパニー】

起業の先人に学ぶ
不動産業界の顧客満足度ナンバーワンを目指して!【T'sカンパニー】

起業家には、高収入や安定したポジションを捨て、自分の夢を実現するために独立の道を選んだ人は多い。T'sカンパニーの田中康弘社長もそんなひとりだ。営業統括部長という安定した職よりも自分が思い描く事業がしたいと、不動産会社を設立した。

T'sカンパニー株式会社 代表取締役社長 田中康弘(たなか・やすひろ)
1975年生まれ。大阪府出身。中古車販売業経営、不動産販売会社勤務を経て2008年、T'sカンパニーを設立。

目次

トップ営業マンから独立起業へ

c3_110215_01.png
――御社の事業概要を教えてください。
大阪府堺市に2008年に開業した不動産販売会社です。新築住宅や中古住宅の仲介のほか、中古住宅をリフォームして販売する、購入した土地に家を建てて販売するなど、賃貸以外のすべての不動産取引を行なっています。
――不動産業に携わる前は自動車販売業界におられたそうですね。
自動車整備の専門学校を卒業し、自動車ディーラーで整備の仕事を半年ほど経験した後、中古自動車販売店の営業マンになりました。そこで1年ほど勤務した後、独立しました。商売は順調でとくに問題はなかったのですが、まだ若く社会人としての常識もなかったため、社会勉強をしたいと思い、就職することにしました。その際、好きな営業の仕事で、自分の努力が報酬に直結する仕事をしたいと思い、不動産会社の営業マンになることにしたのです。
――勤務先では敏腕営業マンだったそうですね。なぜ独立の道を選んだのですか。
勤務先では朝から夜中まで連日働くようなハードな毎日で、仕事自体は決して楽ではありませんでしたが、入社から3年で大阪店の店長になり、4年目には本店の統括部長に昇格と、順風満帆のサラリーマン生活でした。ただ、管理職になると、一営業マンではわからなかった会社の課題なども見えてきます。そこで自分なりに考え、会社がよりよくなるための経営改善策を提案してみたのですが、オーナー企業だったこともあり、なかなか意見を聞いてもらうことができませんでした。だったら、自分で自分が目指す経営をやってみようと思い、独立を決めたのです。

チラシの内容も工夫。効率的な営業で認知度を高める

c3_110215_02.png
――起業の準備期間はどれくらいですか。また、起業の費用はどう調達されたのですか。
準備期間は2カ月ほどでした。開業に必要な手続きは仕事を通じて知り合った行政書士などの専門家がアドバイスしてくれたため、とくに難しいことはありませんでした。資本金には自分の貯金を充て、事務所の改装には国民金融公庫から借りた1000万円を利用しました。
――起業に際し、どんな会社を目指されたのでしょう?
当社は会社の理念として、「お客様満足主義!」を掲げています。たとえば、1000万円の利益を上げられるのであれば、自社の利益は半分にし、もう半分はお客様に還元する。そうやってお客様に喜んでもらえる仕組みを作ることで、お客様満足度ナンバーワンの会社になりたいと思います。きれいごとのように聞こえるかもしれませんが、誠実な商売をすることがお客様に信頼され、長く愛される企業になると考えるからです。
――敏腕営業マンだったとはいえ業界では後発です。どのような点で他社との差別化を図ったのでしょうか。
私は他の人より楽をして成果を上げたい性分なので、サラリーマン時代からより成果の上がる仕事の仕方というのを常に考えていました(笑)。経営者になってもそのスタンスは同じで、たとえばチラシを作る場合、紙面の構成から内容まで、どうしたらお客さんに興味をもってもらえるかということを考えて作っています。また、対象となるお客さんに効率的にアプローチできるよう、チラシを配布するエリアなども工夫しています。

自社の理念を体現する営業マンを育成

c3_110215_03.png
――会社を経営するうえで大変だと思うことはありますか。
月並みですが、人材の育成ですね。当社のような設立間もない会社の場合、経験者を採用すれば早く売り上げにつなげることができるため、経験者採用は当たり前なのですが、私はあえて未経験者を採用し、自分が理想とする営業マンを育てることを選びました。とはいえ、100人面接し10人採用して、そのうち1人が定着すればいいという状況で、人の定着は容易なことではありません。
また、採用した人材を育てるために、できるだけスタッフに仕事を任せ、私はアドバイスをする程度にしています。私自身がやったほうが短時間で成果につなげられる場合でも、あえてサポートに徹し、人材の育成に努めています。
――そうした努力は、成果に結びついているのでしょうか。
リーマンショック直後という厳しい時期に開業しましたが、おかげさまで、開業以来業績は伸びています。自分としては、まだまだと思う部分もありますが、税理士さんなどからは「いい状態ですね」と褒めてもらえています。
また、人材育成の面でも成果が見られるようになってきました。かつて、自分が第一線で営業していたころ成約につながったお客さんから、「親身になって相談に乗ってくれてありがとう」と、菓子折りなどのお礼をもらうことが多かったのですが、最近は、当社の社員もそうした経験をすることが増えてきました。お客さんに信頼されている証拠として、とてもうれしく思っています。
――今後の事業展望を聞かせてください。
目標はいろいろありますが、まずここ5年のうちに、以前の勤務先で担当した最も大きい仕事(新築60戸、仕入れから販売までをすべて担当し、15億円近い利益を上げた)と同等規模の仕事をできるようにしたいですね。また、将来的には、新しい事務所を3カ所くらい開設したいと思っており、それらの店を任せられるスタッフの育成にも力を入れていく計画です。

●会社概要

会社名 T'sカンパニー株式会社
設立 2008年
所在地 〒591-8024 大阪府堺市北区黒土町69-2-201
TEL 072-257-0800
URL http://www.tscompany.jp/


掲載日:2011年2月15日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。