起業の先人に学ぶ

独立や開業へのプロセス、今後の戦略について経営者にインタビューします。

自家製ビールが手軽に造れるビアキット販売開始【Brooklyn Brew Shop】

ビールの種類が増えたのに伴い、ここ2、3年、ニューヨークではビールの人気が伸びている。従来から自家製ビールのサークルなどもあったが、このほど、2人の20代の若者起業家によって、経験がなくても手軽に自家製ビールを造れるキットが発売され、注目を集めている。

Brooklyn Brew Shop エリカ・シーア&ステファン・ヴァランド
8週間のヨーロッパ旅行でビールの伝統的な製法を知り、ニューヨークに戻るとそれまでの仕事を辞めてBrooklyn Brew Shopを立ち上げ、2009年7月から、オンラインとフリーマーケットでビアキットの販売を開始する。

目次

ビール製法も情報源はインターネット

c3_101122_01.png
――ビール手造りキットのアイデアはどこから?
私(エリカ・シーア)の父はレコード店を営む傍ら、自家製ビール造りを楽しんでいました。たまたま父が使っていた古いビール造りの道具を見て、これはおもしろそうだと。
――ビールの造り方やビジネスはどこで勉強しましたか。
どちらもウェブサイトで情報を得て勉強しました。商法などについては、ロースクールに通う友人たちが力になってくれました。
――ホーム・ブルー・ビア・キットについて説明してください。
1ガロン(約3.785リットル)のビールが造れる「ビアキット」は、ビールミックス(穀物、イースト、ホップなどのミックス)とイーストを入れて発酵させるためのガラスの容器などの必要な道具が一式そろって、小売価格は1セット40ドル。ビールミックスだけなら15ドルです。
ベルギービールタイプのビールを中心にフレーバーは8種類あります。できるだけフレッシュな商品を提供したいので、ビールミックスはオンデマンドで、注文があった分だけ原料を製粉機にかけて造っています。

ビール造りは簡単でクリエイティブ

c3_101122_03.png
――造り方は簡単ですか。
ウェブサイトに造り方をビデオで紹介しています。ビールキットのほかに準備するものは、ガスと鍋、ろ過器、それにビールビン12本。発酵にに2週間、そのあと2週間ねかせればできあがりです。1本あたり1ドル21セントになる計算です。
――二人とも若いので、ビールの味がわかるようになって日が浅いと思いますが、そのハンディをどう克服して、おいしいビールミックスの開発につなげましたか。
私たちは常にさまざまなスタイルのビールについて勉強し、市場に出ている新しいビールのサンプリング、ブルワリーの試飲会などで情報を集めています。また、このビジネスを始める前に、2人で8週間ヨーロッパーをバックパック旅行して、伝統的なビールの製法について理解を深めてきました。もちろん、自分たちで実際にビールをつくることで学ぶことは多いです。
c3_101122_04.png
――どこで販売していますか。
去年の7月に、オンライン販売と、The Brooklyn Fleaというフリーマーケットで販売を開始しました。ここでは手造りの様々な食品やビンテージ商品などが売られていて、ベンダーとして利用する以前から、私たちはこのフリーマーケットのファンだったのです。売られているものもいいですが、それを造っている人たちと出会うのもすごく刺激になりました。
小売店ではニューヨークとニュージャージーのホールフーズに卸しています。
――どんな人たちがビアキットに関心を示しますか。
食べ物が好きで、産地や造り方に興味があり、自分で造ってみようと思う人たちですね。
――このビジネスのおもしろさと苦労する点は?
おもしろいのは人にビールの造り方を教えて、できたビールを試飲させてもらうことです。あるお客はグレープフルーツ・ハニー・エールのミックスにショウガをすり下ろしたものを少し入れていましたが、とてもおいしかったです。こうした創造性のあるビールに出合うのが楽しいです。もちろん私たちも常にニューフレーバーを考えています。
スモールビジネスなので何でも自分たちでしなければならず、時間を捻出するのが大変です。
――では、最後に、今後の抱負を聞かせてください。
ユニークな季節のフレーバーを開発すること。造り方ビデオを充実させること。そして、扱ってもらえる小売店の数を増やすことです。

●会社概要

会社名 Brooklyn Brew Shop
URL http://brooklynbrewshop.com


掲載日:2010年11月22日

あわせて読みたい