トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  起業の先人に学ぶ  >  アメリカの不動産売買をAからZまでサポート【Nezu Properties,Inc.】

起業の先人に学ぶ
アメリカの不動産売買をAからZまでサポート【Nezu Properties,Inc.】

リーマンショック以降、マンハッタンのいたるところで目につくようになった売り物件やテナント募集の看板。円高でもあり、日本人にとってはニューヨークの不動産を取得する好機だが、誰に相談したらいいのか...。

Nezu Properties,Inc.創立者 ビクター・A・根津
ニューヨーク州、ニュージャージー州および米国最高裁の顧問弁護士。専門は移民法、離婚、会社法、興行、不動産等。ボストン大学法学部卒。同大学院にて法律とビジネス管理の両分野にてJuris DoctorとMBA資格を修得。宅地建物取引主任者資格取得。2008年3月、Nezu Properties,Inc.創立。

目次

弁護士サービスと不動産サービスをコンバイン

c3_100209_01.png
――弁護士として移民法や会社法などがご専門ですが、不動産ビジネスを始めた理由は何ですか。
これまで弁護士の仕事を通して、アパートやオフィススペースなどの不動産の売買、不動産投資などに関わってきましたが、特に外国人クライアントの場合、米国における不動産売買の手続きや交渉の仕方を知らないために、何か問題が出てきてから相談に来る人が多いのです。しかし、それでは遅すぎます。
また、私は移民法も扱っているため、米国で投資を行なうための投資家ビザのクライアントや、外国に住んでいるクライアントから不動産売買のアドバイスを求められることもありました。そこで、弁護士としてだけでなく、不動産ビジネスのプロとしても不動産売買や賃貸などに一から関わることによって、こうしたトラブルを未然に防ぎ、クライアントのニーズに合ったサービスを提供できると考えました。
――トラブルの原因はどんなことですか。
物件ごとに詳細な資料があるのですが、分厚い資料を読んで理解するのは素人や英語が不得手な外国人にとっては容易ではありません。それを読むとその物件の問題点などもわかるのですが、不動産ブローカー任せで、物件を見ただけで気に入って、資料をろくに読まずに契約を結んでしまう人が少なくありません。すると、あとで予期せぬ問題が出てくることが多いのです。
c3_100209_02.png
――不動産の売買やオフィス物件の賃貸などに関してアドバイスできる弁護士は他にもいると思いますが、他との違いは。
私はもともと不動産ビジネスに関心があり、8年前に宅地建物取引主任者資格を取得しました。不動産関連の法律に詳しくても、常に不動産に関心を持ち最新情報に敏感でなければ、不動産売買に関して的確なアドバイスや、クライアントが求めるサービスは提供できません。

ニューヨークの物件に投資するチャンス?

c3_100209_03.png
――これまで日本人クライアントの不動産に関連する案件を扱ったことはありますか。
日本に住む日本人4人が出資してニューヨークで飲食店ビジネスを始め、そのマネジメントをもうひとりの日本人のフードビジネスのエキスパートに任せることになりました。私はそのために必要な情報提供から、不動産賃貸に関して日本と違う点の説明、目的にふさわしい物件探し、役所の手続きなどを手がけ、飲食店のオープンにこぎつけました。ニューヨークのフードビジネスは競争が激しいですが、この飲食店は今でも順調にビジネスを継続しており、現在、私はこのマネジャーの永住権取得の手続きを担当しています。
――現在の円高は、日本人にとってニューヨークの物件を購入するには好機ですか。
ご存知のように、全米で不動産の動きは鈍いですが、今がチャンスと考える人も多く、問い合わせは多いです。円高の今、日本人にとっては特に、またとない好機と言えます。ただし、永住権を保持しているか、米国内で働いていない限り、外国人が米国で不動産を取得するのは難しいです。現金で購入できる場合は問題ありませんが、銀行は外国人に対してなかなかローンを組ませてくれないからです。
また、不動産購入の手続きも複雑です。まず自分でできるだけ情報収集を行ない、欲しい物件の条件が具体的になったら、不動産購入のプロセスを一から手助けしてくれる専門家を見つけて相談するといいでしょう。

●会社概要

会社名 Nezu Properties,Inc.
創立者 ビクター・A・根津
所在地 1001 Avenue of the Americas,4th Floor,New York,NY 10018
電話 917-623-2958
URL


掲載日:2010年2月 9日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。