トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  起業の先人に学ぶ  >  パーティードレスのレンタルで日本一を目指す!【株式会社モーダ・ジャパン】

起業の先人に学ぶ
パーティードレスのレンタルで日本一を目指す!【株式会社モーダ・ジャパン】

"ウェディングドレスのレンタルはあるのに、招かれる側の衣裳のレンタルはない"という妻の言葉から、パーティードレスのレンタルサービスを始めたモーダ・ジャパンの飯原淳人氏。全国展開に加え、将来はオリジナルブランドの開発も目指す。

株式会社モーダ・ジャパン 代表 飯原淳人(いいはら・あつひと)
1982年生まれ。大阪府出身。高校卒業後、建設会社に勤務した後、アパレル会社に転職。2007年、24歳でパーティードレスのレンタル業、モーダ・ジャパンを設立。

目次

74ブランド、350着。品揃えの豊富さが特徴

c3_091215_01.png
――御社の事業の特徴を教えてください。
結婚式の披露宴など、パーティー向けドレスのレンタルサービスを行なっています。プラダ、モスキーノなどの有名ブランドをはじめとする74ブランド、350着を揃えており、品揃えの豊富さが特徴です。いずれの商品も新品で仕入れており、品質のよさにも自信があります。また、ショールやグローブなどの小物もノーブランドのものは無料でお貸しする、クリーニング不要で返却できるなど、サービスの充実にも力を入れています。
――利用者の特徴を教えてください。
お客様の8割は結婚式の披露宴に呼ばれた方たちです。下は中学生から上は70歳代まで、幅広い世代にご利用いただいていますが、中心は30歳前後の女性ですね。お客様は店舗のある大阪市内だけでなく、滋賀・京都・奈良など、近畿一円から来店されます。また、ネットで当店の存在を知り、大阪の披露宴に出るさいに利用される関東のお客様もあります。
c3_091215_02.png
――広告・宣伝などはどうされているのですか。
最初はネット専業のレンタルサービスとして開業しました。知名度を高めるためには、検索エンジンで上位に表示されることが大切なので、検索エンジン対策に力を入れました。その結果、現在では「パーティードレス レンタル」で検索すると、当店が一番上に表示されるようになっています。
それ以外の広告・宣伝はとくに行なっていませんが、日経新聞で紹介されたのをキッカケに、テレビや雑誌など、さまざまなメディアが採り上げてくれるようになり、その宣伝効果が大きいですね。
――営業状況はどうですか?
月間の平均利用件数は、約250件で、客単価は8000円ほどです。知名度の高まりとともにお客様も増えており、今月は過去最高の利用件数を記録しました。初年度は設備投資などがあったため赤字決算でしたが、2年目以降は黒字化を達成しています。

18歳で起業を決意、24歳で実現

c3_091215_03.png
――起業の経緯を教えてください。
高校で設計を学び、卒業後、橋などの設計を手掛ける建設会社に入ったのですが、実際に仕事をしてみると、これは自分がやりたいことではないと思い、早々に退職しました。高校生時代から起業したいという思いはありましたが、具体的に何をしたいかは自分でもわからなかったため、しばらくは悶々としながらフリーターをしていました。
その後、20歳のときにアパレル会社に就職しました。仕事はとても楽しく、充実した毎日だったのですが、いつかは起業したいという思いに加え、そこの会社の社長が独立を奨励する人だったこともあり、24歳で起業しました。
――パーティードレスのレンタル事業を選んだのはなぜですか。
アパレル企業に勤め、業界の知識や人脈があったため、起業するならアパレル関連の事業にしようと思っていました。パーティードレスのレンタル事業を選んだのは、ブライダル関連の企業に勤めていた妻が「ウェディングドレスのレンタルはあるのに、お呼ばれする側のドレスのレンタルはあまりないよね」といったことから、ニーズがあると判断したためです。
――24歳という若さでの起業でしたが、資本金などはどうされたのですか?また、経営者としての知識などはどのようにしてつけたのでしょう?
もともと起業を考えていたので、20歳で就職したときから独立資金は貯めていました。経営の知識は独学で得ました。起業家養成塾や起業をめざす人のパーティーなどもありますが、行ったことはありません。このビジネスについては自分が一番知っているし、どんなことも自分で考えて、自分で判断することが大切だと思うからです。
――起業から3年経ちましたが、これまで大変だったことはありますか?
不景気だとか言われていますが、これまで売り上げは順調に拡大しており、この10月には起業以来の最高を記録しました。若くして起業したので苦労も多かっただろうと言われることも少なくないのですが、幸い、これまで苦労らしい苦労はしたことがないですね。
――今後の事業展望を教えてください。
2010年1月には東京出店を予定しており、現在、店舗物件を探しているところです。東京は大阪に比べマーケットが大きいので、事業を拡大していくために、どうしても東京出店は必要と判断しました。東京でブランドイメージを確立した後は、全国の主要都市への出店も実現したいと思っています。そして、最終的にはパーティードレスのオリジナルブランドを作り、"レンタルドレスのナンバーワン企業"として、海外進出も果たしたいですね。

●会社概要

会社名 株式会社モーダ・ジャパン
設立 2007年4月
所在地 大阪府大阪市中央区北浜3-3-13 西垣ビル1F
電話 06-6228-3322
URL http://partydressmoda.com/


掲載日:2009年12月15日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。