起業の先人に学ぶ

独立や開業へのプロセス、今後の戦略について経営者にインタビューします。

起業家やNPO等に快適なオフィススペースとコミュニティを提供【ブルックリン・クリエイティブ・リーグ】

ニューヨークにはフリーで働く人が多い。彼らはホームオフィスで仕事をすることが多いが、自宅は理想的な仕事環境とは言い難い。そこで、フリーで働く人たちや起業家、資金の限られた小規模な会社やNPOに快適な仕事環境を提供すべくスタートしたのがブルックリン・クリエイティブ・リーグ(BCL)だ。

ブルックリン・クリエイティブ・リーグ共同設立者 ニール・カールソン
ライター、ポリシーリサーチャー、NPOやサステイナブルビジネスなどのコミュニケーションコンサルタント。2009年5月、妻とBCLを設立。

目次

理想的なワークライフバランスを提供

c3_091208_01.png
――どのような経緯でBCLのアイデアが生まれましたか。
娘が生まれる前、私たちはベビーシッターに娘を見てもらいつつ、自宅で仕事をするのが理想的だと思っていたのですが、1歳半の娘はドアの向こうに私がいることを知っているので、ドアをたたいて私と遊びたがるし、やはり自宅は夫婦二人で仕事をするには狭いのです。そこで、もっと生産性が上がり、しかも、クライアントと打ち合わせをしたりミーティングができるような仕事場が欲しいと思い、このアイデアが生まれました。
――BCLを利用しているのはどのような人たちですか。また、どのようなサービスを提供していますか。
BCLのメンバーは、小さな会社やNPO、フリーのコンサルタント、ウェブデザイナー、TVプロデューサー、セールスマネージャーなどです。従業員が4〜6人規模の会社のためのオフィススペース、個人で利用する人にはパーテーションで区切ったワークステーションを貸しており、フルタイムのメンバーは週7日24時間利用することができます。
パートタイムのメンバーは、オンラインで予約して、午前8時から午後8時までの時間帯で利用できます。ハイスピードインターネットはもちろん、コピー機などの事務機、会議室、キッチンなどのほか、クライアントと打ち合わせができるスペースやパーティーなどちょっとしたイベントなどに使えるスペースもあります。ここを利用する人たちに、理想的なワークライフバランスを提供したいと思っています。

クリエイティブワーカーたちのコミュニティとしても機能

c3_091208_02.png
――オフィスやワークステーションの利用率はどのくらいですか。また、料金は。
現在、40名のメンバーと3つの団体がBCLを利用しており、利用率は約5割です。月額料金はオフィススペースが1500ドル、フルタイムの個人用のワークステーションが495ドルです。
4月にスタートしたときはこの不景気の影響がどう出るかわからなかったのですが、この1、2カ月景気がやや持ち直したことや、企業が正社員をレイオフしてフリーランスを使うようになってきたこと、小さな会社にとっては経費削減効果が大きいなど理由で、BCLが注目されるようになってきました。
c3_091208_03.png
――仕事を持つ人たちのコミュニティを目指しているそうですが。
従来型の企業とは違う、快適で楽しい職場環境を目指しています。メンバーどうしの親睦を図るために、ハッピーアワー(手軽な飲み会)や仕事に役立つセミナーを開催したり、サステイナブルコミュニティを推進しているNPOのイベントに場所を提供したりしています。
メンバーどうしで仕事の相談をしたり、クリエーターが集まっていることを知って、外部からイラストレーターを探しにくるなど、クリエイターのコミュニティとしても機能しています。

●会社概要

会社名 Brooklyn Creative League
共同設立者 ニール・カールソン
所在地 540 President Street Brooklyn, NY 11215
電話 1-718-576-2104
URL http://www.brooklyncreativeleague.com/


掲載日:2009年12月 8日

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。

あわせて読みたい