トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  起業の先人に学ぶ  >  胡蝶蘭、観葉植物などを農家から直接お届け!【ワールド商事】

起業の先人に学ぶ
胡蝶蘭、観葉植物などを農家から直接お届け!【ワールド商事】

年間3000鉢以上の配送実績を持つ、胡蝶蘭・洋蘭・観葉植物・スタンド花などお祝い花の専門店。市場やショップを介さず全商品生産者直送の鮮度とボリューム感に徹底的にこだわり、常にワンランク上の商品を提供する。

ワールド商事株式会社(ビジネスフラワー) 代表取締役社長 原田輝将
はらだ・てるまさ:1967年生まれ。ワールド商事の親会社である株式会社ワールドトラベルの代表取締役社長も兼務。

目次

契約農家と提携し、上質なお祝い花を提供

c3_090224_01.png
――ビジネスフラワーをスタートされたきっかけは何ですか?
もともとは株式会社ワールドトラベルサービスという会社を運営しておりまして、こちらでは旅行代理店の運営や国内・海外旅行の企画、販売などを行なっていたんです。ただ、何か新しいビジネスを始めたいという気持ちもあり、時間がある時にインターネットで探してみたり、活動をしていたんです。そんなときに胡蝶蘭を専門に販売しているサイトを見つけたのがきっかけです。
弊社でも関連会社で飲食店などをやっておりましたので、その際のお祝いのお花の用意をどのようにしているのか聞いてみるとインターネットで発注しているとのことでした。これは面白いビジネスになるのではないかと可能性を感じましたね。
c3_090224_02.png
――どのような経緯で開業されたんですか?
2007年の11月に胡蝶蘭を専門に販売しているサイトをみつけ、そのあと仲介会社を通じて営業権譲渡の契約を結び、2008年12月にワールドトラベルサービスの100%子会社としてワールド商事株式会社を設立しました。胡蝶蘭の専門販売サイトを運営されていた方は、別にお仕事をされていらっしゃいまして、本業に集中されるため、事業の売却を検討されていたそうです。当時から数件の生産農家からの直売を行なっており、鮮度・状態も非常に良いものばかりなんです。その部分に大変魅力を感じ、営業権を譲渡していただきました。
――最近では、さらにラインナップを強化されているそうですが。
契約農家は埼玉、愛知、宮崎など6件と提携し、スタートいたしました。2008年2月にスタートした当初は1日に4〜5件の受注があるという程度でした。商品ラインナップも胡蝶蘭が10種類くらいあるだけでしたので、まずは商品ラインナップの拡充を検討いたしました。
そこでお祝いの花だけではなく、事務所などに置いていただく観葉植物も始めたんです。鹿児島の生産農家の方を訪問して、交渉をし、6月より取り扱いをスタートいたしました。現在は愛知県の生産農家の方とも提携をしております。
また胡蝶蘭以外のお花のラインナップも強化していきたいということで、スタンド花の取り扱いを開始しました。よく店舗の前に置いてあるお花です。こちらは花の飾りつけなどの技術が必要ですので、お花屋さんと提携をして、フラワーアレンジメントをお願いしています。

"攻め"のお花屋さんを目指す

c3_090224_03.png
――この事業を展開されるうえでご苦労された点はどのようなことですか?
やはり一番苦労したことは、生産農家の方々のご理解を得ることだと思います。私どもはやはりビジネス的な視点で物事をみてしまいます。例えば、お送りしたお花がどのようなものであったかを購入したお客様にご確認いただくために、有料ではありますが、発送前のお花の写真をお送りするサービスを実施しています(2万円未満の花の場合:315円、2万円以上の花の場合:525円)。
ただ、その作業は生産農家の方々にお願いしておりますので、なかなかうまく撮れなかったり、なぜこのような作業が必要かをご理解いただかなければなりません。また、できるだけお届けするお花がどのようなものかお客様に理解いただくために、お花のサイズや花の数などの目安をカタログに記載しています。生産農家の方々からみれば、生き物であるお花がどのような大きさや花をつけるかは保証しにくい部分もあると思うんです。そこでこういう表示は必要なのかとなるわけです。
ただ、生産農家の方々は美しい花を育てるプロ、我々はその魅力をお客様に伝え、しっかりとお届けするというプロですから、最終的にはご理解いただけ、良きパートナーとして関係を築いていますが、生産農家の方々の職人気質や想いを我々が理解するまでは苦労しました。
――現在の状況はいかがですか?
営業開始当初は売り上げが250万円/月ほどでしたが、現在は750万〜900万円/月の売り上げをあげるまでになりました。顧客企業も延べで3000社以上となり、順調な立ち上がりではないかと思っています。
――今後のご計画をお教えください。
今後は法人向けだけではなく、個人向けの販売もスタートさせたいと思っています。 一般のお花屋さんは来店客を待っている商売ですが、もっと攻めていいのではないかと思っているんです。そのために我々のインターネットなどの仕組みを活用できないかと考えています。個人向けとなると、現在の法人向けよりもラインナップや取り扱い量も大幅に増え、より効率的な仕組みづくりなどが必要ではありますが、是非チャレンジしていきたいと考えています。

●会社概要

ショップ名 ビジネスフラワー(business flower)
会社名 ワールド商事株式会社
設立 2007年12月18日
所在地 〒140-0011 東京都品川区東大井6-1-10
連絡先 TEL:03-6404-0019
ショップ連絡先 TEL:0120-4187-74  FAX:03-6404-0045
ショップURL http://www.biz-hana.com/ownerInformation.html


掲載日:2009年2月24日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。