トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  ウェブ経営指南  >  社員の失敗を次の成功に結びつける方法

ウェブ経営指南
社員の失敗を次の成功に結びつける方法
同じ失敗を何度も繰り返す社員がいます。その都度、上司からも社長自身からも厳しく注意しているのですが、指導の仕方が悪いのか、全く改善される余地がありません。一体何が悪いのでしょうか?
失敗は誰にでもあることです。重要なのは、そこから教訓を学び、その失敗を繰り返さず、次の成功に結びつけてゆくことです。正しい指導の仕方ができていれば、社員の失敗を次の成功に結びつけてゆくこともできます。
女性

解説者

中小企業診断士 石田雅子(いしだ・まさこ)
WizBiz株式会社に勤務。小売、サービス業を中心とし、売上拡大、組織風土改善などの経営課題解決に向けた支援、各種助成金・補助金などに関するアドバイスを行っている。

目次

解説

失敗の原因は本人ではなかなかわからないものです。優秀な社員であれば、自らその原因を突き止め、次の成功に結びつけることができるでしょうが、皆が皆、そのような社員であるとはかぎりません。また、社員本人の過去の成功要因が今の失敗の原因になっていることさえありえます。その場合、本人はその失敗要因を成功要因だと思い込んでいたりします。自分自身の失敗の原因は、本人ではわかりにくい部分もあるのです。

【まず、相手の話を聴きましょう】

さて、では社員の失敗に対して上司や経営者がどのように対処するかということですが、まず、相手の話を聴くことから始めましょう。頭ごなしに「ダメじゃないか」と責め立てるのはよくありません。本人はそれを善かれと思って判断し行動したのかもしれません。まず「なぜ、そのような判断をしたのか」「なぜ、そう考え行動したのか」を聴く姿勢が大事です。

このとき、可能であれば本人を含む複数の人から話を聴くことが望まれます。1人だけからのヒアリングでは真実は一面しか見えてきません。重大な問題が含まれているような場合は、必ず、本人を含め関連する複数の人から話を聴くようにしましょう。

【改善すべき点を指摘し対策を提示してあげましょう】

話をよく聴き、失敗の背景を正しく確認したら、その判断や行動のどこに間違いがあったのか(あるのか)を考え、見つけ出してあげます。指導する側と指導される側との間には、まず経験値に大きな差があるものです。相手にはわからなくても、経験値の高い上司や経営者であれば、その高い見地や見識から、なんらかの問題点や改善すべき点を見つけ出すことが可能です。

相手の話を聴き、問題の箇所を発見したら、次は改めるべき方向を提示してあげます。人には、自らが本当に納得しなければ動かない、という性質があります。一方的に「こうしなさい」「こうすべきだ」と言うのでは、相手は真に納得はしないし、また、納得しないままに行動しても、対処療法的には改善できても、問題の根本が見えていないと、少し状況が変わった場面では、また似たような失敗をしてしまいがちです。同じ失敗を繰り返させない為に、相手が本当に納得し、自然に(自主的に)行動できるように改善策を提示することが大事です。

【参考例】

ここで、一つの例を挙げてみましょう。

あるマッサージ店では、従業員の失敗に対して改善するような指導がきちんとなされていませんでした。店舗間にも距離があり、かつ指導者が一箇所に常駐できないという状況でもあったので、従業員の失敗は見過ごされるか、認知されても状況をよく知らない指導者が一方的に叱責するだけで終わってしまうケースが多かったのです。

そこで私は、コンサルティングをさせていただいた際に、全従業員が週報を毎週出すことをルールとして導入させていただきました。従業員たちが週報の中で毎週自身の行動や失敗したことを振り返り、その背景などを彼らなりに分析するよう習慣づけるようにしたのです。そうして、指導者は全員の週報を読み、詳細はメールなどでやりとりをすることで、彼らの職場の事情を正しく知り、適宜、適切なアドバイスができるようになりました。

その結果、従業員のミスは減り、生産性が向上したのは言うまでもありません。さらに、従業員たちも自主的に互いの業務に対し関心を持ち、改善策を提案しあうような組織風土へと変わりました。上の事例は、全従業員が週報を提出するようになってから4ヶ月の間での出来事です。

自らの業務や行為を振り返り、問題の本質を見つけ出し、その改善策を得ることができてこそ、人は正しい方向へと動き出し、失敗を成功に結び付けていけるのだといえます。


掲載日:2012年6月26日

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。