トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  明治・大正・昭和のベンチャーたち  >  森下博 - 広告宣伝で「仁丹」を世界に広げた男

明治・大正・昭和のベンチャーたち
森下博 - 広告宣伝で「仁丹」を世界に広げた男

目次

 明治16年春、広島県沼隅郡の郷関を出て、東に向かって旅立つ少年の姿があった。少年の懐にはたったの15銭しかなかった。意気揚々としていて、少年は行けるところまでいってみようと心に決めていた。途中、野宿もした。喉が渇けば小川の水を両手ですくって飲んだ。少年は3日間歩き通した。たどり着いたのは大阪である。少年の名は森下博といった。森下は道頓堀の三木元洋品店の前に立ち、自分を雇ってくれないかと頼む。出てきた番頭は少年の顔をしげしげとみた。きかん気な風だが、利発そうだ。こうして森下少年は道頓堀の洋物店で丁稚奉公を始めるのである。森下博の少年時代の資料は少ない。しかし働き者であったようで、生活も慎 ましく、倹約貯蓄した資金を元手に念願の独立を果たし自前の店を持つようになるのは明治26年のことだった。森下博はまだ26歳のときで、大阪東区淡路町に「森下南陽堂」の看板が掲げられるのであった。世界的にも名が知られるようになる、いわゆる「森下仁丹」誕生である。

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。