明治・大正・昭和のベンチャーたち

日本はいま百年に一度あるかどうかの一大変革期であり、新しいビジネスを生み出す絶好のチャンス。同じ変革期であった明治・大正・昭和の経済人たちから、無から有を為す技を学ぶ。

森下博 - 広告宣伝で「仁丹」を世界に広げた男

目次

 明治16年春、広島県沼隅郡の郷関を出て、東に向かって旅立つ少年の姿があった。少年の懐にはたったの15銭しかなかった。意気揚々としていて、少年は行けるところまでいってみようと心に決めていた。途中、野宿もした。喉が渇けば小川の水を両手ですくって飲んだ。少年は3日間歩き通した。たどり着いたのは大阪である。少年の名は森下博といった。森下は道頓堀の三木元洋品店の前に立ち、自分を雇ってくれないかと頼む。出てきた番頭は少年の顔をしげしげとみた。きかん気な風だが、利発そうだ。こうして森下少年は道頓堀の洋物店で丁稚奉公を始めるのである。森下博の少年時代の資料は少ない。しかし働き者であったようで、生活も慎 ましく、倹約貯蓄した資金を元手に念願の独立を果たし自前の店を持つようになるのは明治26年のことだった。森下博はまだ26歳のときで、大阪東区淡路町に「森下南陽堂」の看板が掲げられるのであった。世界的にも名が知られるようになる、いわゆる「森下仁丹」誕生である。

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。