トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  明治・大正・昭和のベンチャーたち  >  福沢桃助 - 電力業界の奇才

明治・大正・昭和のベンチャーたち
福沢桃助 - 電力業界の奇才

目次

 福沢桃助は福澤諭吉の娘婿だ。義父に劣らず、桃助は秀才の名を欲しいままにした男である。しかし、学業は継がず、桃助は実業の世界に生きた。学業の世界では義父の存在があまりにも大きすぎたからなのかもしれない。桃助は日本男子としては、異形といってよいであろう。いくつもの事業に 手を出し、失敗した。義父は学問を通じてしか世の中を語らなかったが、桃助は実業の世界で名を上げようと思った。偉大な義父を持ったおかげで、その分必要以上の苦労を背負うことになる。福沢桃助には多くの伝説が残されている。たぐいまれな知恵者であり、果敢な行動の人であり、天才的ともいえる事業家であり、そばにいるだけで愉快になり、ともかく破天荒な男だった。こんな男であるのだから、後世の人たちが伝説を書くネタに 事欠かなかったに違いない。

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。