J-Net21  >  起業をする  >  コラム・インタビュー  >  明治・大正・昭和のベンチャーたち  >  岩波茂雄 - 出版文化の大衆化の功労者

明治・大正・昭和のベンチャーたち
岩波茂雄 - 出版文化の大衆化の功労者

目次

 岩波茂雄は出版業界のベンチャーだった。明治から大正にかけての読書人といえば、一部のインテリだけだった。その書物を、一般市民の間に普及させたのは、岩波茂雄の功績によるものだった。江戸期から続く零細な前近代的な出版業を近代的な出版業に育て上げた人物を選ぶとすれば、真っ先に名前が挙がるのは、まずは岩波茂雄だろう。当時の出版業は文字通りの、リスクの大きなベンチャービジネスである。自伝や評伝を参照してみると、岩波が出版業を手がけるようになるのは大正3年9月のことと記録されている。彼が出版界の覇者として名乗りを上げるのは、いわゆる定価廉価を旨とする「岩波文庫」の出版だった。岩波文庫の出版は各方面から大きな反響を呼んだ。ポケットに入る文庫本は手軽で、廉価だから誰でも買える。文庫本は一気に読者層を増やし、こうして岩波は出版物を、大衆のものにすることに成功するのだった。

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright c WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
起業をするコンテンツ一覧
  • 事業計画や起業準備、開業まで『こんな時どうする?』に応えます

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階から、実際に起業・開業後も使える豊富な情報。

  • 起業・創業や第二創業を行う方に、必要となる経費の一部を補助する制度。

  • ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度。