トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  明治・大正・昭和のベンチャーたち  >  岩波茂雄 - 出版文化の大衆化の功労者

明治・大正・昭和のベンチャーたち
岩波茂雄 - 出版文化の大衆化の功労者

目次

 岩波茂雄は出版業界のベンチャーだった。明治から大正にかけての読書人といえば、一部のインテリだけだった。その書物を、一般市民の間に普及させたのは、岩波茂雄の功績によるものだった。江戸期から続く零細な前近代的な出版業を近代的な出版業に育て上げた人物を選ぶとすれば、真っ先に名前が挙がるのは、まずは岩波茂雄だろう。当時の出版業は文字通りの、リスクの大きなベンチャービジネスである。自伝や評伝を参照してみると、岩波が出版業を手がけるようになるのは大正3年9月のことと記録されている。彼が出版界の覇者として名乗りを上げるのは、いわゆる定価廉価を旨とする「岩波文庫」の出版だった。岩波文庫の出版は各方面から大きな反響を呼んだ。ポケットに入る文庫本は手軽で、廉価だから誰でも買える。文庫本は一気に読者層を増やし、こうして岩波は出版物を、大衆のものにすることに成功するのだった。

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。