明治・大正・昭和のベンチャーたち

日本はいま百年に一度あるかどうかの一大変革期であり、新しいビジネスを生み出す絶好のチャンス。同じ変革期であった明治・大正・昭和の経済人たちから、無から有を為す技を学ぶ。

山本条太郎 - 情報をカネに替えた草分けの商社マン

目次

 明治初期の横浜はドル投機に沸いていた。外国と取り引きするにはドルが必要で、商売上の必要からの投機だ。それよりも何よりも、人びとを魅 了したのは、一夜にして巨額の富を手中にする夢が実現できたことだ。相場はカンである。ときには、数万円の荒稼ぎをする小僧が現れる始末で、それこそ大人も子どもも、投機熱に浮かされたものだった。三井物産の横浜支店に、山本条太郎という小僧がいた。まだ小学校を出たばかりの少年で顔はまだ子どもである。しかし、度胸があり、愛想がよく、如才のない小僧だった。もちろん、支店長は店員が相場に手を出すことを厳禁していた。あたりまえのことで、損をして穴をあけられたらかなわないからだ。

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。