J-Net21  >  起業をする  >  コラム・インタビュー  >  明治・大正・昭和のベンチャーたち  >  山本条太郎 - 情報をカネに替えた草分けの商社マン

明治・大正・昭和のベンチャーたち
山本条太郎 - 情報をカネに替えた草分けの商社マン

目次

 明治初期の横浜はドル投機に沸いていた。外国と取り引きするにはドルが必要で、商売上の必要からの投機だ。それよりも何よりも、人びとを魅 了したのは、一夜にして巨額の富を手中にする夢が実現できたことだ。相場はカンである。ときには、数万円の荒稼ぎをする小僧が現れる始末で、それこそ大人も子どもも、投機熱に浮かされたものだった。三井物産の横浜支店に、山本条太郎という小僧がいた。まだ小学校を出たばかりの少年で顔はまだ子どもである。しかし、度胸があり、愛想がよく、如才のない小僧だった。もちろん、支店長は店員が相場に手を出すことを厳禁していた。あたりまえのことで、損をして穴をあけられたらかなわないからだ。

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright c WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
起業をするコンテンツ一覧
  • 事業計画や起業準備、開業まで『こんな時どうする?』に応えます

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階から、実際に起業・開業後も使える豊富な情報。

  • 起業・創業や第二創業を行う方に、必要となる経費の一部を補助する制度。

  • ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度。