トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  明治・大正・昭和のベンチャーたち  >  岩崎弥太郎 - 維新の政商ベンチャー

明治・大正・昭和のベンチャーたち
岩崎弥太郎 - 維新の政商ベンチャー

目次

 士魂商才という言葉がある。維新後、各藩や幕府の碌を離れたサムライたちに明治政府が支給した一時金を元手に商売をはじめた、いわゆる武士の商法のことで、商いに失敗したサムライを揶揄する言葉として使われる。いまで言えば、大蔵省や通産省など役所を辞めた高級官吏がベンチャービジネスに乗り出し、敢えなく事業に失敗するケースなどが類似の行為として想起される。明治の侍たちは気位ばかり高く、たいていは失敗に終わる。けれども数少ないサムライたちが維新の荒波を乗り越え、事業家として立身に成功した士魂の人たちもあった。ここに登場する土佐の地下浪人岩崎弥太郎も、その一人である。

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。