トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  明治・大正・昭和のベンチャーたち  >  中部幾次郎 - 大洋漁業の創業者

明治・大正・昭和のベンチャーたち
中部幾次郎 - 大洋漁業の創業者

目次

 明石市は東北部を神戸市に接していて、南は明石海峡を隔てて淡路島を望む。地誌によれば、この地名は「赤磯(あかし)」に由来すると書かれている。すなわち、この一帯の土が赤みががっていることから命名された地名という。江戸期は小笠原氏が移封してきて明石城を築き、天和2年(1882年)以降松平氏の治下になり、廃藩置県で明石県を経て後兵庫県に統合され現在に至る。国の重要文化財指定を受ける明石城の巽櫓も有名だが、明石といえば、やはり魚だ。ここでの主人公中部幾次郎が明石の魚の運搬仲買業「林兼」の倅と生まれたのは慶応2年のことだ。日本の水産業を世界の水準に押し上げた実業家と称賛される幾次郎ではあるが、少青年時代の彼は、むしろ凡庸な魚屋の倅だった。商人には学問は無用なこと――のことわり通り、寺子屋に通うわけでも小学校に通わされたわけでもなく、早朝から稼業に精を出す毎日だった。稼業を手伝うことで、商売の智慧とコツを学び取るよう躾るのが、当時の一般的な子弟教育だったのである。

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。