トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  明治・大正・昭和のベンチャーたち  >  小平浪平 - 国産自主技術にこだわり続けた男

明治・大正・昭和のベンチャーたち
小平浪平 - 国産自主技術にこだわり続けた男

目次

 明治37年7月のことだ。小平浪平は久しぶりで飯田橋の駅舎に旧友渋澤元治の姿を認めた。渋澤は財界の大御所渋澤栄一の甥で、東大工学部電気工学科を卒業し、逓信省(後の郵政省、現在の総務省)に勤務する技官だった。小平とは東大工学部の同学の学友でもある。始発駅が飯田橋で、JR中央線がまだ甲武鉄道と呼ばれていたころだ。二人は向かい合って座った。列車は静かに動き出す。二人は屈託なく世間話に興じた。小平は渋澤の顔をみながら思った。この男なら自分の考えを理解してくれそうだと。小平は大学を卒業すると、幾つかの職場を渡り歩き、東京電灯で発電部門の主任技師をしていた。その小平に転職を勧めるものがあった。久原財閥の総師久原房之助だった。いまの職場よりも条件は格段に落ちる。しかし、小平には久原の誘いに魅力を感じていた。返事はまだしていなかった。そこで旧友渋澤の話を聞いてみようと思ったのだ。

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。