明治・大正・昭和のベンチャーたち

日本はいま百年に一度あるかどうかの一大変革期であり、新しいビジネスを生み出す絶好のチャンス。同じ変革期であった明治・大正・昭和の経済人たちから、無から有を為す技を学ぶ。

小平浪平 - 国産自主技術にこだわり続けた男

目次

 明治37年7月のことだ。小平浪平は久しぶりで飯田橋の駅舎に旧友渋澤元治の姿を認めた。渋澤は財界の大御所渋澤栄一の甥で、東大工学部電気工学科を卒業し、逓信省(後の郵政省、現在の総務省)に勤務する技官だった。小平とは東大工学部の同学の学友でもある。始発駅が飯田橋で、JR中央線がまだ甲武鉄道と呼ばれていたころだ。二人は向かい合って座った。列車は静かに動き出す。二人は屈託なく世間話に興じた。小平は渋澤の顔をみながら思った。この男なら自分の考えを理解してくれそうだと。小平は大学を卒業すると、幾つかの職場を渡り歩き、東京電灯で発電部門の主任技師をしていた。その小平に転職を勧めるものがあった。久原財閥の総師久原房之助だった。いまの職場よりも条件は格段に落ちる。しかし、小平には久原の誘いに魅力を感じていた。返事はまだしていなかった。そこで旧友渋澤の話を聞いてみようと思ったのだ。

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。