トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  明治・大正・昭和のベンチャーたち  >  野口遵 - 特許をビジネスモデルにした最初の日本人

明治・大正・昭和のベンチャーたち
野口遵 - 特許をビジネスモデルにした最初の日本人

目次

 ご承知のように現在の旭化成延岡工場の前身である日本窒素肥料株式会社延岡工場が操業を開始したのは、大正12年10月のことと、旭化成の社史に書かれている。延岡市の豊富な水と電力に目をつけ、カザレー式アンモニア合成法の最新技術を導入し、新工場を建設したのが野口遵である。今回の 主人公は旭化成の創業者にして、日本の化学工業の祖と呼ばれる野口遵である。評伝を読むと、野口は明治6年金沢の貧乏士族の子として生を受けた。地元中学を卒業すると、一高・東大へと進み、東大では電気工学を専攻し、明治29年に卒業すると、同年独シーメンス社に入った。日本窒素肥料を創業するのは、それから十年後の明治39年のことである。外国企業に身を置いたことが、影響したのであろうか。彼が着目するのは、特許によるビジネスモデルの確立だった。

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。