J-Net21  >  起業をする  >  コラム・インタビュー  >  創業者列伝  >  南武【野村和史】特殊シリンダー製造のトップメーカー

創業者列伝
南武【野村和史】
特殊シリンダー製造のトップメーカー

目次

南武は多品種少量受注生産の特殊油圧シリンダーメーカーである。自動車エンジン製作向けに使われる金型用中子抜きシリンダーでは国内シェア70%、製鉄用のロータリーシリンダーでは世界シェア70%を誇る。国内有数の中小製造業の集積地として知られる大田区でも、特許に裏づけられた自社製品を製造する実力派の中小企業である。
 社長の野村和史は1995年6月に死去した父親の創業者、野村三郎の後を継いだ2代目社長。経済学部卒の文科系ながら油圧シリンダーの知識にはかなり強い。本人は「門前の小僧、習わぬ経を読みです」と謙遜するが、同社が2000年9月に製品化した特許製品、金型用「スーパーロックシリンダー」開発の発想は野村のアイデアからだった。先代が築いた事業を土台に、同社を世界的なシリンダーメーカーに育て上げたのが野村なのである。

  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright c WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
起業をするコンテンツ一覧
  • 事業計画や起業準備、開業まで『こんな時どうする?』に応えます

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階から、実際に起業・開業後も使える豊富な情報。

  • 起業・創業や第二創業を行う方に、必要となる経費の一部を補助する制度。

  • ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度。