創業者列伝

創業者たちの生涯を追いながら、成功の要因に迫る。
現役の中小企業経営者にフォーカスし、成功に至るまでの苦心談や、経営の心構えなどを直接取材してご紹介します。

南武【野村和史】
特殊シリンダー製造のトップメーカー

目次

南武は多品種少量受注生産の特殊油圧シリンダーメーカーである。自動車エンジン製作向けに使われる金型用中子抜きシリンダーでは国内シェア70%、製鉄用のロータリーシリンダーでは世界シェア70%を誇る。国内有数の中小製造業の集積地として知られる大田区でも、特許に裏づけられた自社製品を製造する実力派の中小企業である。
 社長の野村和史は1995年6月に死去した父親の創業者、野村三郎の後を継いだ2代目社長。経済学部卒の文科系ながら油圧シリンダーの知識にはかなり強い。本人は「門前の小僧、習わぬ経を読みです」と謙遜するが、同社が2000年9月に製品化した特許製品、金型用「スーパーロックシリンダー」開発の発想は野村のアイデアからだった。先代が築いた事業を土台に、同社を世界的なシリンダーメーカーに育て上げたのが野村なのである。