創業者列伝

創業者たちの生涯を追いながら、成功の要因に迫る。
現役の中小企業経営者にフォーカスし、成功に至るまでの苦心談や、経営の心構えなどを直接取材してご紹介します。

東成エレクトロビーム【上野 保】
時代の趨勢を独自の感覚でつかむ

目次

 「30年前に脱サラして、部下2人と3人で貸し工場に中古機1台、お客様ゼロから創業しました。そして現在、事業所4カ所、社員100名、お客様2,700社になりました。これからも研鑽を続けて、発展を目指してまいります」
 さる6月2日、東京・立川駅近くのパレスホテル立川で開かれた「東成エレクトロビーム創業30周年記念式典」で挨拶に立った社長の上野保は、感無量の面持ちで30年の記憶を甦らせながら感謝の気持を述べた。
 東成エレクトロビームと言えば、わが国を代表する先進的なものづくり企業として知る人ぞ知る会社だ。だが、ご多分に漏れず、創業者上野の人生も数多くの中小企業経営者と同様、30年の社史を紐解くと、まさに茨の道そのものである。そんな上野がものづくりの先進企業として脚光を浴びる理由は何なのか。