創業者列伝

創業者たちの生涯を追いながら、成功の要因に迫る。
現役の中小企業経営者にフォーカスし、成功に至るまでの苦心談や、経営の心構えなどを直接取材してご紹介します。

エステック【永島正嗣】
技術者の誇りと情熱をモノづくりに賭ける

目次

 島根県東出雲町の中海の湖畔に本社工場を構えるエステックは、日本とドイツに数社しかない製鋼用試料調製機のメーカー。鉄の成分分析用のサンプルを成形する地味な分野の装置だが、国内市場のほぼ80%を独占する開発型の受注生産企業なのである。
 なぜ、従業員数わずか35名のこの会社が断トツのコア製品をもつ機械メーカーに成長できたのか。社長の永島正嗣によると、そのキッカケとなったのは「日常的な取引が取りもつご縁に過ぎなかった」という。
 「ある日、取引のあった大手商社の人が神戸製鋼さんの仕事を持ち込んできたんです。」
 その仕事の中身とは、鉄の成分分析に関する開発依頼だった。鉄鉱石にはケイ素、炭素などといった不純物が含まれるため、これらの成分調整のため、X線および発光分光分析による成分分析が最終工程までに合計5〜6回繰り返される。成分分析に使うサンプルは事前に円柱状に成形しておく必要があった。