創業者列伝

創業者たちの生涯を追いながら、成功の要因に迫る。
現役の中小企業経営者にフォーカスし、成功に至るまでの苦心談や、経営の心構えなどを直接取材してご紹介します。

エルム【宮原隆和】
農工連携の先駆者!

目次

「いつの日か故郷の南さつまに帰りたい」
 そんな思いを抱き故郷を後にエルム社長の宮原隆和が向かった先は大阪工業大学だった。卒業と同時にコンデンサーメーカーの松尾電機に就職。それから6年後の29歳のとき、弟の照昌の待つ故郷にUターンする。
 弟の照昌も大阪の和泉電気に勤務していた。そして、二人は故郷にUターンするに当たって、自分たちが大阪で学んだことを生かせる会社を探したが、見つからず、南さつまに自分たちで会社を作ることにした。二人が大阪で学んだ専門技術は電子回路であった。
 照昌は隆和より一足先に帰郷し、母親が営んでいた縫製工場を手伝いながらヤオキ電子を創業し兄の帰りを待ち、隆和は当時世に現れたばかりのマイクロコンピュータ技術を学びながら帰郷のタイミングを待った。
 郷里で隆和の帰りを待っていたのは照昌だけではなかった。照昌が消化し切れないほどの仕事も待っていた。仕事とは大手電気メーカーの製品検査装置で、設計の専門家である隆和の手助けが待ったなしの状態だったのである。