創業者列伝

創業者たちの生涯を追いながら、成功の要因に迫る。
現役の中小企業経営者にフォーカスし、成功に至るまでの苦心談や、経営の心構えなどを直接取材してご紹介します。

オプトロン【渡邉 慧】
衰えぬ開発者魂

目次

 オプトロンの社長、渡邉慧の転職に次ぐ転職から起業までの道程は、言ってみれば「技術開発の旅路」そのものだった。そして、今年8月に73歳になる天才肌の渡邉の開発者魂は、今でも衰えることを知らない。
 渡邉は中学、高校時代は、ラジオ少年で、真空管式のラジオつくりに熱中していた。生まれ故郷の北海道函館市で高校生活を送っていた渡邉は、静岡大学工学部の電気工学科に進学する。静岡大は日本のテレビ技術発祥の地として知られていたのである。
 だが、首尾よく大学は出たものの、就職先として最も身近にあったはずの弱電メーカーへの入社の夢は、ひょんなことから渡邉の掌中からすり抜けてしまう。渡邉の転職遍歴の始まりである。原因は大学の実務教科の一つ、工場実習にあった。
 実習先は愛知県刈谷市にあったトヨタ車体の刈谷工場だった。

Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。