トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  注目のニュービジネス  >  地場産業は大学生の力でつくられる

注目のニュービジネス
地場産業は大学生の力でつくられる

紙のように折り曲げられる極薄の木材シート「樹の紙」。ビッグウィル(徳島県三好郡東みよし町)では、これを使った商品開発に大学生のアイデアを取り入れた。完成した新商品には、地域を元気にする思いが込められている。

目次

学生向け商品プロジェクトに参加

20120306_1.PNG 緑に囲まれた山間の町、徳島県三好郡みよし町。著しく過疎化が進む中、雇用を生む取り組みを重視して奮闘する会社がある。極薄木材シート「樹の紙」で業界の注目を浴びるビッグウィルだ。

「樹の紙」は薬剤を使わずに地元の天然木材を使用している。厚さ0.1ミリと薄く、紙のように折り曲げることができる。木本来の肌触りや香りも楽しめる素材で、プリンターでの印字も可能。壁紙として需要が期待されている。

開発は「間伐材を有効活用できないか」と考えたことから始まる。同社営業担当の近藤佑亮氏は「間伐しなければ森が枯れ、仕事が減り、若者の働く場もなくなる。町の環境を守り、活性化に役立てることを考えて『樹の紙』は生まれた」と語る。

20120306_2.PNG 地域社会を考えての取り組みだが、その理念は「樹の紙」の製造工程にも表れている。薄くしたシートを張り合わせる作業は地元の授産施設に委託する。少しでもハンディキャップを抱える人たちの生活の支えになればと考えてのことだ。かつて福祉関係の仕事に就いていた同社・近藤清美社長の思いも「樹の紙」には込められている。同社の取り組みは思わぬ縁を生む。理念に賛同したNPO法人「樹恩ネットワーク」(以下、樹恩)から「樹の紙」を使った商品開発を持ちかけられたのだ。

樹恩は全国大学生活協同組合連合会(以下、大学生協)を母体とする。大学生協で販売する学生向け商品に「樹の紙」を使おう─。

そんな掛け声のもと「樹の紙いきいき・きらきらプロジェクト」は始まった。2007年のことだ。

大学生のアイデアを商品に

20120306_3.PNG ビッグウィルでも、以前から自社で「樹の紙」を使った商品開発を進めてきた。だが大学生向け商品の経験がない。顧客目線に合わせていこうと地元の林業関係団体である三好流域林業活性化センターも加わり、このプロジェクトでは地元の徳島大学の学生からアイデアを公募することに決まった。

集まった学生のアイデアを見て近藤氏は「書類ケースなど斬新なものが多くて感心した」と言う。

選出に当たって焦点になったのは「学生にとって手に触れてもらいやすいかどうか」。議論の末、田村里絵氏のしおりのアイデアが採用された。

ではそのアイデアはどのように生まれたのか。田村氏は「素材の説明を受けた段階で、しおりにするイメージは固まっていた」と話す。ただ「素材が木」というだけでは購入意欲を刺激できない。そこで「木の素材とつながりのある"森の動物"をあしらった、かわいらしいデザインのしおりを考えた」(田村氏)

ビッグウィルは学生から受け取ったデザインを忠実に再現することに努めた。試作品をもとに意見交換をして、田村氏から「薄さや固さなど、実用性を考えた意見をもらえた」(近藤氏)。ユーザー目線での発想が参考になった格好だ。こうして2010年8月、徳島大学オリジナル商品「森のしおり」は完成した。

エンドユーザーの求めるものを

20120306_4.PNG 現在、「森のしおり」は徳島大学の生協購買部などで売られている。田村氏は「地元紙の記事と一緒に陳列された商品を見て、開発に関わったことを実感した」と振り返る。大学生協では今回のプロジェクトをテストケースと位置づけ、今後、学生のアイデアを商品化する際の参考にしていくという。開発に携わったビッグウィルにとっても、学生との共同開発で得たものは大きかったようだ。

「若い人が持つ『思い描くことを形にしよう』というパワーをもらった。何が売れるかは誰にもわからない。凝り固まった考えではなく、柔軟な頭で何でも取り入れる姿勢が大切なことを教わった」(近藤氏)

現在、同社は素材メーカーとしての色を強め、商品開発では社外の人材・アイデアをうまく取り入れていく方向にシフトしている。

近藤氏はこの動きについて「自己満足のために商品開発をするのでなく、エンドユーザーが求めるものを形にしていきたい」と語る。

地域を考えて事業に取り組むビッグウィル。埋もれていた間伐材の活用で活路を見出し「樹の紙」を開発した。その素材の価値は、エンドユーザーの力を借りた商品開発でより一層高まっている。

●会社概要

企業名 株式会社ビッグウィル
所在地 徳島県三好郡東みよし町昼間835
従業員 15人
電話 0883-79-3300
URL http://www.bigwill.co.jp/
掲載日:2012年3月 6日
  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。