トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  注目のニュービジネス  >  日陰者に光を当てて「楽しめるバーコード」で大人気

注目のニュービジネス
日陰者に光を当てて「楽しめるバーコード」で大人気

スーパーやコンビニで商品を手に取ると目にするバーコード。だがその存在に気づきはしても、注目することはないだろう。デザインバーコード(東京都渋谷区)は、そんなバーコードに楽しいデザインを加えて、大手企業からの依頼が相次いでいる。

目次

思わず目を引くバーコードを

20120216_1.PNG 今やほとんどの商品につけられているバーコード。見慣れすぎて改めて仔細に見ることは少ない。だが、デザインバーコードのつくるバーコードには、注目を集めずにはいられない楽しいデザインが施されている。

 バーコードは本来、生産国やメーカー、商品名、価格などを示すもの。これまでは、機械が読み取れるよう、白黒の縞(しま)模様が並ぶだけの無機質なものが一般的だった。

 そんな性格から、通常はパッケージの目立たない場所に配置される。普通の消費者であれば、このバーコードを注意深く見ることなどめったにない。日陰者―そんな言葉でも表現できそうな存在だ。

 デザインバーコード・武藤一矢社長は「だからこそここに光を当てたかった」と語る。

 同社がデザインしたバーコードは、従来のバーコードとは違う。商品に応じ、絵柄の中に縞模様を組み込み、見ていて楽しいデザインに仕上げる。武藤氏によると、完成度を高めるには、商品の性格を把握した上で、デザインに反映することが重要だという。

 見ていて楽しくなるデザインのバーコード。社員はたった5人の会社ではあるが、「買う人の心をつかめるから」と大手企業からの依頼が続いている。

 サントリーの清涼飲料「燃焼系アミノ式」、カルビーの「じゃがりこ」、ミツカンの納豆「金のつぶ」など、その仕事ぶりがうかがえる商品は多数ある。

 無機質だったバーコードにデザインを持ち込む。「足し算」の発想が成功を呼んだ。

どこまで加工できるかを検証

20120216_2.PNG 「バーコードもデザインできる」と気付いたのは、「読み取れないバーコードをつくって欲しい」という依頼があったから。創業メンバーらが広告代理店で勤務していた時のことだ。ある新聞広告をデザインした際に、無機質さを表現するために、全面にバーコードを並べた。バーコードの持つイメージによるデザインだった。

 だが、これを実際に紙面に掲載するには問題があった。万一その中にどこかの会社が実際に使用するバーコードがあったら大変だ。他社のバーコードは勝手に掲載できないのだ。

 そこでバーコードのしくみを一から確認する必要が出てきた。バーコードリーダーが何を読み取って、どこが違うと読めなくなるかの検証を重ねた。

 この作業から、「バーコードには意外とデザインの余地があるとわかった」(武藤氏)。デザインによって新しいバーコードのあり方を提案できる―こんな予感を抱いた。これが2004年、デザインバーコード創業につながった。

発想の元はいたるところに

20120216_3.PNG 実際にバーコードにデザインを加えてみると、手応えは確かに得られた。これまでにないバーコードだから、とかく保守的な大手企業ではなく、準大手・中堅企業からの受注を狙っていた。だが実際に興味を示したのはむしろ大手企業だった。

 「どこもやってないなら」と反応は良好。次々に話が決まった。最初は乗り気でなかった準大手・中堅企業も「大手がやっているなら」という理由で採用し始めた。バーコードデザインの流れはこうしてできあがった。

 目立たなかったものに、以前は出会うことのなかった考えをぶつけ、その存在価値を高める。同社のそんな手法は、バーコードだけに止まらない。

 現在、同社は「Lefteous(レフチャス)」という活動に取り組んでいる。

 これは左利きの人に注目し、毎年8月13日に一斉に左利き向けのパフォーマンスを行うもの。右利き向けにつくられた社会がいかに左利きに不便かを浮き彫りにする。

 たとえば、飲食店で出される箸やスプーンの向き。どこでも右利きに便利なようになっている。だから当日だけは、活動に参加した飲食店が一斉に箸やスプーンを逆向きに置くのだ。すると訪れた人は「あれっ」と思い、知らぬ間に印象に残り、飲食店そのものに対する印象が深まる。

 「バーコード」も「左利き」も、おおかたの人が見過ごしがちな存在だろう。だがそういったものはいたるところにある。

 「それに光を当て、一手間加えることで新たな事業になる」と語る武藤氏。「足し算」の発想で獲得した飛躍を自信に、デザインバーコードの挑戦は続く。

●会社概要

企業名 デザインバーコード株式会社
所在地 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10 ハマノビル 5F
資本金 4510万円
従業員 5人
電話 03-6278-9998
URL http://www.d-barcode.com/
掲載日:2012年2月16日
  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。