トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  注目のニュービジネス  >  発売から1年で販売数が7万個超

注目のニュービジネス
発売から1年で販売数が7万個超

洗い桶は中に食器を入れるという性格上、サイズが大きく場所をとる。折り畳みにすることでこの課題を解決し、当初の予測の2倍以上を販売したのがアーネスト(新潟県三条市)だ。

目次

企画開発会議は狭き門

20100727_1.PNG オリジナルの台所用品を企画・販売しているアーネスト。同社では月に1回、開発担当者11人と社長による企画会議が開かれる。

 担当者がそれぞれ企画を出すのだが、参加者全員の賛同を得ないと商品化はできない。会議を通る案は10本に1本ほど。しかも、企画会議を通った後、幹部会議で協議され、そこで承認されなければ商品化できない。市場に出すためには、狭き門をくぐり抜けないとならないのだ。

 同社商品開発課の酒井幸男氏が、後に「脚付きシリコン洗い桶」と呼ばれる商品の企画を出したのは、2008年のことだった。

 もともと同社はステンレス製の洗い桶を販売しており、継続的に売れていた。消費者から支持を得ていた理由は、洗い桶の底に付けた突起にある。

 シンクに洗い桶を置くと、洗い桶が水を堰き止めてしまう。しかし、突起をつくることで底面とシンクの間にすき間ができ、水の流れを確保できる。

 「2~3年前からシリコン素材が流行し始めていた。これを使って洗い桶をつくってみようと考え付いた」と酒井氏はきっかけを語る。ステンレス製の洗い桶には「場所をとる」という短所があった。

 シリコンは柔軟性に富み、折り畳むことができる。既存商品の長所はそのままに、シリコンの特長を生かした商品をつくりたい。酒井氏はそう考えたのだ。

 「シリコン素材は割高なため、大型の商品はそれまでほとんどなかった。他社がまだつくっていない今こそチャンスだと思った」(酒井氏)

 酒井氏は新商品として会議で提案した。「折り畳めるため、収納しやすい」と特長を力説。その結果、見事に参加者全員から賛同を得ることができた。その後、幹部会議でも承認され、開発に着手することになった。

高価な素材が行く手を阻む

20100727_2.PNG 開発を始めたものの、酒井氏は素材の価格に頭を悩ますことになった。

 酒井氏が目指したのは、容量7リットルの洗い桶。シリコンのみでつくると、中に食器を入れる際に重みで変形してしまう。

 そのため、シリコンだけではなく、ほかの素材と組み合わせてつくらなければ強度のある商品にならない。

 シリコンの割合をどうするか。本来ならば、試作品をつくり強度を試験する。だが、コストの面から試作品を多くつくることはできない。
 そこで酒井氏は設計ツールとして3D-CADを使って、分析・解析を行った。

 同社が3D-CADの導入を始めたのは2年ほど前のこと。社外の講習会に参加するなどして、社員はスキルを身に付けていた。

 酒井氏が脚付きシリコン洗い桶の開発を進めていたのは、ちょうどその頃だった。3D-CADを導入していたことで、実際に試作品をつくらずとも強度を調べられ、開発をスムーズに進めることができた。

売れ行きは予想の2倍以上

20100727_3.PNG 会議に案を出してから1年後、商品が完成した。既存商品の名前が「ステンレス脚付き洗い桶」だったことから、商品名は「脚付きシリコン洗い桶」に決めた。この名前なら「脚付きという特長」を継承した商品だということが消費者に伝わるからだ。

 販売開始は2009年2月。カラーはオレンジとグリーンの2色に決めた。

 これまで同社はシリコン製の商品を販売しており、その商品のカラーは「キッチンを華やかにしたい」という思いからオレンジとグリーンだった。「アーネストの商品だ」と見た目でわかってもらうために同じ色を選んだ。

 これまで販売していたステンレス製の洗い桶は、発売から5年で3万個売れていた。この「脚付きシリコン洗い桶」も3万個を販売目標として掲げた。

 いざ発売すると、「コンパクトに収納できる」点に消費者が敏感に反応。ターゲット層として考えていた30歳代前半の主婦だけではなく、より若い層や年配の層からの支持も集めた。

20100727_4.PNG 市場に出してからの消費者の反応は早く、4月、5月と連続して増産体制をとり、1年間で7万個以上を売り上げた。

 OEMとPBを合わせると、年間60以上の新商品を発売しているアーネスト。数多くある同社の商品の中でもまれにみる大ヒット商品となったのだ。

 開発担当者として、酒井氏はヒットの理由をこう語る。

 「シリコン素材の商品が流行していることに即座に反応したのがよかった」

 加えて、酒井氏は週末に必ず料理をする。その中でコンパクトな収納グッズが求められていることに気付いて企画を立てた。

 気付きから生まれた便利グッズ。日常の不便さの解消を目指したことが、ヒットにつながったといえるだろう。

●会社概要

企業名 アーネスト株式会社
所在地 新潟県三条市福島新田丁858
資本金 6000万円
従業員 73人
電話 0256-41-1010
URL http://www.ar-nest.co.jp/
掲載日:2010年7月27日
  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。