トップページ  >  起業する  >  コラム・インタビュー  >  注目のニュービジネス  >  自分だけのワインを作るバレル・オーナーシップ

注目のニュービジネス
自分だけのワインを作るバレル・オーナーシップ

全米でいちばん人気があるアルコール飲料はビールだそうだが、ニューヨークではワインが絶大な人気を誇る。ワインに詳しい愛好家も多い。そんなワイン好きに受けているのが「バレル・オーナーシップ」というニュービジネスだ。

目次

プロと一緒にマイ・ワインを作ろう

20090122_1.PNG「バレル・オーナーシップ」を始めたのは、マンハッタンの「シティー・ワイナリー」というレストラン(08年11月下旬オープン)。バレル・オーナーを募集したところ、すでに予定の半数が売れたという。

このサービスは、「マンハッタンで一流のワイン職人といっしょに自分のワインを作るとうユニークな体験を提供する」というのがコンセプト。客はバレル(樽)単位でワインを購入し、ワイン作りのプロのアドバイスを仰ぎながらぶどうの種類などを自分で選び、プロと一緒にワインを作って熟成するのを待って味わおうというもの。

ニューヨークのワイン愛好者を相手にするからには、半端なワインではビジネスにはならない。そこで、ワイン通の舌を満足させるべく、ぶどうは世界各地から選りすぐりの原料を調達。ぶどうの種類を選んであとはすべてプロの任せてもいいし、ワイン作りを実際に体験したければ、ぶどうをつぶすところからボトル詰めに至る工程の一部、または全部に参加してもいい。

料金は年間7000ドルから

20090122_2.PNGコースは3通りあり、最もポピュラーな「ベーシック・バレル・オーナーシップ」の料金は、オーナーシップの年間費用が5000ドルと、ぶどうやバレル、ボトルのラベル(自分でデザインすることができる)などの実費で、7000ドルから1万1000ドルになる。59ガロン入りのバレルひとつで276本分のワインができるので、ワイン1本あたり25〜40ドルになる計算(ただし、できたワインを売ることはできない)。気に入ったワインができれば、1本あたりこのくらいの価格は高くはない。自分のオリジナルワインをちょとしたギフトにしたり、ほかのバレルオーナーたちと、それぞれのワインを交換して、テイスティングをするのは楽しそうだ。

このサービスを考えついたシティー・ワイナリーの創業者でCEOのマイケル・ドーフ氏は、ニューヨークで人気のニッティング・ファクトリーというライブハウスをプロデュースしたこともでも知られる人物。4年前にワイン職人といっしょにワイン作りをした経験からこのアイデアが生まれた。「しかも、ワイナリーで好きなミュージシャンのライブコンサートができたら、さらに楽しいだろう」と話す。

ライブ音楽を楽しみながら自分のワインを味わう

20090122_3.PNGシティー・ワイナリーは一流どころのミュージシャンのライブ音楽を聴きながら、タパス形式の食事を楽しむことのできる、ステージのあるレストランバーにワイナリーを併設。ワインが中で熟成するバレルは、レストランのインテリアの一部にもなる、という趣向。

バレル・オーナーは、レストランで自分のワインがどの程度熟成したかときどき味見してワインの熟成の過程を楽しむこともできるし、もちろん、ボトルキープならぬ、スケールが大きいバレルキープで、自分のワインをゲストにふるまうこともできる。バレルオーナーはレストランの常連になるであろうし、自分のワインをふるまうべく、ゲストを連れてくるであろう。

景気後退でニューヨークのレストランは以前に比べ、20%も客足が落ちているなか、バレルオーナービジネスは、効果の高い常連客獲得法としてレストランに大きな付加価値をもたらしそうだ。

掲載日:2009年1月22日
  • googleplus
  • hatena
  • pocket
  • line
  • evernote
Copyright © WizBiz Inc.
このコンテンツの著作権は、WizBiz株式会社に帰属します。著作権の承諾なしに、無断で転用することはできません。
このページの先頭へ
起業するコンテンツ一覧
  • 事業計画作りや実際の起業準備そして開業まで。起業を目指す人の『こんな時どうする?』に応えます。

  • 法律知識や経営診断など、起業準備段階はもちろん、実際に起業・開業してからも使える豊富な情報を掲載。

  • 『国の補助金を活用して創業するには?』についてご説明します。

  • 中小企業や個人投資家にとってのメリットを、その仕組みや優遇措置について詳しくご紹介します。

  • 起業・開業を考えている職種の消費者利用動向がすぐにわかる、職種別データ一覧。

  • 200以上の業種・職種から選べる開業準備手引き書。

  • 最新のビジネストレンドや中小企業が直面する経営課題など、読み物コンテンツをまとめています。

  • 若手起業家にインタビュ—。「社会人起業」と「学生起業」それぞれの選択を対比しながら起業のカタチを探ります。